AERA dot.

北海道 季節逆戻り あすは路面真っ白

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2017/3/21 13:27)

昨日(20日)春分の日は、全道的に晴天となりましたが、今朝(21日)の道内は広く雲に覆われており、今日これからは、各地とも下り坂の天気です。夜は雪の降り方が強まり、明日の朝にかけて再び路面が真っ白になる所もある見込みです。

夕方から夜には天気が崩れる

函館や道南の江差など道南方面は沿岸を中心に雨となります。その他も湿った雪となるため、お帰りが遅くなる方は傘が必要です。日付の変わる前後から、札幌や帯広など道央や十勝地方ではワサワサと雪の降り方が強まります。明日の朝にかけて、札幌など道央では、路面はシャーベット状の雪で覆われ、帯広など十勝地方では、再び真っ白の景色に変わる所も出てくるでしょう。

明日 広く雪かきが必要に

今夜から明日の朝にかけては、浦河や帯広など日高や十勝地方が雪の中心となり、20センチから30センチくらいの雪が降るでしょう。湿った雪となるため、雪かきは少し大変になりそうです。次第に活発な雪雲は東へと移動していくため、明日の日中は北見や釧路などオホーツク海側や釧路地方が雪の中心となります。こちらの地域も明日の日中に5センチから10センチの雪が降り、明日は家に帰ってから雪かきが必要になりそうです。湿った雪で濡れた路面が朝晩は凍結し滑りやすい路面に変わります。歩行者の方も、車を運転する方も、まだまだ路面状況の変化には注意が必要です。

トップにもどる お天気ニュース記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加