AERA dot.

21日の天気 関東から近畿は冬の寒さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

21日21時の予想天気図

21日21時の予想天気図

きょう(21日)は、前線や低気圧が本州の南海上を東へ進むでしょう。広い範囲で草木や土壌を潤す雨が降る見込みです。近畿から関東では一時的に冬の寒さが戻るでしょう。

きょうの天気

きょう(21日)は、低気圧や前線の影響を受けるため、全国的に曇りや雨になるでしょう。沖縄は曇り空が続く見込みです。九州と四国の太平洋側の雨は午前中いっぱいで、午後は晴れてくる所もあるでしょう。雨具の置き忘れにお気をつけ下さい。四国の瀬戸内側と山陽、近畿、東海は昼過ぎまで、山陰や北陸、関東甲信越は日中いっぱい雨が降り、局地的に雷を伴うでしょう。山沿いは雪になる所もありそうです。東北は昼頃から次第に雨や雪が降るでしょう。一方、日本海北部の動きが遅い低気圧の影響で、北海道は雲が多く、夜遅くから広く雪か雨が降る見込みです。また、本州の南の海上を進む低気圧が発達するため、全国的に北寄りの風が強まってくるでしょう。関東や東海の沿岸部は暴風が吹く恐れがありますので注意や警戒が必要です。

きょうの最高気温

日中の最高気温は、きのうより低くなる所が多いでしょう。特に、近畿から関東にかけては気温差が大きく、春本番の陽気から一時的に冬の寒さに戻ります。那覇20度、鹿児島17度、福岡と高知は16度、広島15度、松江13度、大阪11度、名古屋10度、金沢と東京は9度、新潟10度の予想です。雨と強い北風の影響で、体で感じる温度はさらに低いでしょう。暖かくしてお過ごしください。仙台9度、秋田11度、札幌7度、釧路4度の予想で、東北や北海道は平年並みの見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加