関東 水曜の朝は平野部も雪か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 水曜の朝は平野部も雪か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

3月も中旬だというのに、強い寒気が流れ込み、15日(水)の午前中は関東でも雪の降る可能性があります。春の彼岸を前に傘を持つ手がかじかむような寒さに。

◆真冬のような寒気

14日(火)の夜から15日(水)にかけて、関東にも上空5500メートル付近に氷点下30度以下の真冬のような強い寒気が流れ込む予想です。さらに、関東の東の海上で低気圧が発達し、関東に湿った空気が流れ込む影響で、雨雲や雪雲がかかりやすくなるでしょう。地上付近の気温も低く、平地でも雪の降る可能性があります。

◆15日(水)の朝は要注意

関東ではまず14日(火)の夜から雨が降りだすでしょう。降り出しは地上の気温がまだ高めで、平野部では雨の降る所がほとんどとなる見込みです。ただ、日付の替わる頃からは気温がどんどん下がり、明け方には内陸部を中心に雪に変わる所があるでしょう。平野部でもうっすらと積もる可能性もあります。都心でも気温が2度から3度くらいまで下がり、雪になってもおかしくない冷え込みとなりそうです。都心など南部の平野部でも雪のまじる可能性があります。上の図は午前7時の天気の分布予想です。内陸部は湿った雪、都心周辺もみぞれの予想となっています。少し気温が低くなれば、雪の範囲が広がる可能性もあり、15日(水)の朝は少し時間に余裕を持って、外の状況を確認した方が良さそうです。ただ、雪と雨の範囲の予想にはまだかなり幅があるような状況ですので、今後も最新の気象情報をご確認下さい。雪や雨は15日(水)の昼頃にはやむ見込みです。
15日(水)は強い寒気が入るうえに、冷たい北よりの風も吹きつけて、真冬に戻ったかのような寒さになるでしょう。朝も雪や冷たい雨の降る寒さですし、最高気温も東京など平野部でも10度くらいまでしか上がらない見込みです。
17日(金)は春の彼岸の入りですし、来週には桜の便りも届き始める頃ですが、そんな春爛漫の季節を前に、15日(水)は雪や厳しい寒さと真冬に戻ったかのような一日になりそうです。15日(水)はダウンコートにマフラーや手袋など、万全な寒さ対策をした方が良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい