3月としては強い寒気が南下 季節は冬 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3月としては強い寒気が南下 季節は冬

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
予想天気図

予想天気図

きょう(7日)は冬によく現れる西高東低の気圧配置が強まり、この時期としては強い寒気が南下するでしょう。あす(8日)にかけて、日本列島は真冬並みの冷たい空気にすっぽりと覆われる見込みです。

日本海側は大雪やふぶきに、太平洋側は天気の急変に注意

きょう(7日)は冬のような天気になるでしょう。北海道から新潟の日本海側は雪、北陸から九州にかけての日本海側は雪か雨が降る見込みです。広く大気の状態が不安定になるため、雷を伴う所もあるでしょう。雲が発達しやすいため、短い時間に強く降り、局地的な大雪になる恐れがあります。東北付近はふぶきになり、見通しが悪く交通障害の恐れもあります。また、きょうは太平洋側も所々でにわか雨やにわか雪があり、変わりやすい天気になるでしょう。九州や四国など西日本の山でも雪になる所がありそうです。車の運転は滑り止めを用意するなど、早めに対策をしてください。沖縄は雲に覆われ、一時的に雨の降る時間もある見込みです。また、全国的に北または西寄りの風が強めに吹くでしょう。沿岸部を車で運転したり、屋外で作業をする場合は、強い風にあおられる事もありますので十分にご注意下さい。

冬のコートが活躍する

きょう(7日)は、東北から九州や沖縄にかけては、日中の最高気温は、きのう(6日)と比べると5度前後低くなる所が多く、各地で冬の寒さに戻りそうです。東北北部は1度~3度くらい、東北南部と北陸は5度~7度、関東から九州北部は10度~11度、四国と九州南部は14度、沖縄は18度~20度の予想です。風の冷たさも加わって、寒さに拍車をかけそうです。数字よりも寒く感じられますので、冬物のコートで出かけた方が良いでしょう。特に新潟県内はきのう(6日)より10度くらい低くなる予想です。気温の変動が大きいと体に堪えます。体調を崩さないようにお気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい