今週の天気 週の前半 寒の戻り 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 週の前半 寒の戻り

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今週は、週の前半に寒の戻りがありそうです。気温がガクンと下がり、冬のコートが大活躍。天気分布も冬型の日が多くなりそうです。

6日(月)低気圧が通過 夜には早くも冬型に

週明け6日(月)は、日本海と本州の南岸を低気圧や前線が進むため、所々で雨や雪が降りそうです。九州から東海の太平洋側は午前中、関東は日中一時的に雨が降るでしょう。ただ、本州南岸の低気圧の雨雲は陸地にそれほど広がらず、太平洋側の雨はいずれも南部や沿岸部が中心になる見込みです。降る時間もそれほど長くはなさそうです。また、日本海を進む低気圧が東北付近を通過するため、東北では大気の状態が不安定に。特に日本海側では雪の降り方が強まったり、落雷のおそれがありますのでお気を付け下さい。夜には早くもこれら日本海と本州南岸の低気圧が日本の東に抜け、冬型の気圧配置になる見込みです。6日(月)の夜、日本海側では雪や雨の所が多くなりそうです。

7日(火) 太平洋側でも雪の可能性

7日(火)は冬型の気圧配置が続き、冷たい空気がグッと南下する見込みです。6日(月)より気温が急降下する所が多いでしょう。日本海側で断続的に雪が降り、全国的に北~西寄りの風が強まりそうです。冬型というと通常は雪が降るのは日本海側が中心ですが、7日(火)は太平洋側も油断はできません。上空の寒気によって大気の状態が不安定になり、関東など太平洋側でもにわか雨やにわか雪の可能性があります。

週の中頃にかけて寒の戻り

その後8日(水)から10日(金)も冬型の気圧配置ですが、西から次第に緩んできそうです。日本海側の雪や雨の範囲は次第に北陸から北が中心になる見込みです。太平洋側は晴れる所が多いでしょう。ただ、冷たい空気は残っていて、気温は9日(木)にかけて平年を下回る所が多くなりそうです。ここ数日春の陽気が続いていましたが、7日(火)~9日(木)は寒の戻りがありますので、体調管理にご注意下さい。

週末はお出かけ日和 暖かさ戻る

11日(土)になると、日本付近は広く高気圧に覆われる見込みです。全国的に晴れてお出かけ日和になるでしょう。日本海側でも日差しがありそうです。12日(日)も高気圧に覆われて広く晴れますが、西日本は次第に天気が下り坂へと向かいそうです。気温は、関東では冬の寒さですが、そのほかはだんだん春の暖かさが戻る見込みです。
今週は、週の前半を中心に寒の戻りがあり、週末にかけて徐々に暖かさが戻る見込みです。そして太平洋側では晴れる日が多いので、花粉が多く飛ぶことをお忘れなく。花粉症の方は引き続き対策をなさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい