第2回日本気象協会桜予想 都心から? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第2回日本気象協会桜予想 都心から?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

桜前線は、3月22日に東京都心(千代田区)、福岡市、宇和島市でスタート。3月末までには関東から西の地域で続々と開花のたよりが届きそうです。 今回から満開日も発表。東京都心など関東の満開日は、平年並みかやや早い見込みです。

各地の開花・満開予想

3月の気温は、全国的に平年並みかやや高い予想で、桜のつぼみは順調に生長する見込みです。22日には全国のトップを切って東京都心(千代田区)、福岡市・宇和島市、その後、月末にかけて、西日本や東海地方・関東地方の大部分の地点で開花する見込みで、開花から7~10日ほどで満開を迎える予想です。
4月の気温は、平年並みで推移する見込みです。このため桜前線は、4月上旬には北陸地方や東北南部に達し、その後中旬から下旬にかけてゆっくりと北上、24日には本州最北端の県庁所在地・青森市、28日には津軽海峡を渡って、北海道・松前町に達する予想です。東北地方では、開花の4~7日後に満開となる見込みです。
5月の気温は、平年並みか高い予想です。桜前線の北上は順調に進み、3日には札幌市、7日には新ひだか町、13日には最北端の稚内市、18日に根室市に進んで、2017年の桜前線の旅は終わりを迎える見込みです。北海道では、開花から2~5日後と、比較的短い期間で満開を迎える予想です。

日本三大桜は?

日本三大桜とは、福島県の「三春滝桜」(みはるたきざくら:ベニシダレザクラ)、山梨県の「山高神代桜」(やまたかじんだいさくら:エドヒガンザクラ)、岐阜県の「根尾谷 淡墨桜」(ねおだに うすずみざくら:エドヒガンザクラ)で、いずれも国の天然記念物に指定されています。
※日本三大桜は開花データの平年値はありません。 第3回の桜開花予想は、3月8日(水)に発表予定で、以降、4月下旬まで毎週水曜日に発表します。お花見やお出かけの計画の参考になさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい