北海道 日本海側を中心に強い雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 日本海側を中心に強い雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今朝(25日)の道内は、冬としては穏やかですが、今夜から明日(26日)朝にかけては寒冷前線の通過で日本海側を中心に雪で、雷を伴って強く降る恐れがあります。

昨日は大荒れ

昨日(24日)は低気圧の通過で、日本海側を中心に大荒れとなりました。風雪が強く、明け方には札幌で24.5m/s、留萌で26.6m/sの最大瞬間風速を観測し、今シーズン一番の強風となりました。

今日は?

今日の北海道付近は弱い冬型の気圧配置で、道北や道南で雪が降りますが、夕方にかけての12時間に降る雪の量は、多い所でも5センチから10センチ程度の見込みです。札幌など道央では晴れ間の出る所もあり、日中は「冬季アジア札幌大会」の観戦や「IWAMIZAWAドカ雪まつり」など各地のイベントを楽しむのにもよい日和でしょう。
しかし、夜にはサハリン付近に低気圧が進み、伴う寒冷前線が明日朝にかけて北海道を通過するでしょう。今夜は道央やオホーツク海側でも雪が降りだします。大気の状態が不安定になるため、局地的に雷を伴って雪の降り方が強まる恐れがあります。数時間でみるみる雪が積もるような降り方となりますので、強い雪で見通しの悪くなるため注意が必要です。
明日朝にかけての24時間で降る雪の量は、局地的に30cmの大雪となる恐れがあります。
最高気温は、昨日と同じくらいの所が多いでしょう。

明日は?

明日は(26日)は午前を中心に日本海側などで雪が降りますが、午後は降り方が弱まり、やむ所もあるでしょう。太平洋側やオホーツク海側では、日中は晴れ間の広がる所があります。午後の天気は回復傾向ですが、上空の寒気が強まり、寒くなります。最高気温が氷点下の真冬日の所が多くなるため、寒さ対策はしっかりなさってください。

来週は?

月曜日以降は、高気圧が張り出し、全道的に晴れ間の広がる日が続きます。寒さも火曜日頃から和らぐ見込みです。泥ハネや落雪などに注意してください。
木曜日から金曜日にかけては低気圧の影響で、太平洋側で雪や雨が降りだし、風も強まる恐れがあります。今後の、気象情報に注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい