北海道の1ヶ月 大荒れ→春の足音 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道の1ヶ月 大荒れ→春の足音

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
北海道の1ヶ月の天気傾向

北海道の1ヶ月の天気傾向

23日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温は平年より高く、特に、3月上旬にかけては平年よりかなり高くなる日がありそうです。降水量は、太平洋側とオホーツク海側はほぼ平年並み、日本海側は平年並みか少なく、平年よりも雪や雨の降る日は少なくなる見込みです。なお、24日は昼頃まで日本海側を中心に大荒れの天気となるため、最新の気象情報に注意して下さい。

大荒れ! 24日昼頃まで警戒を

日本海北部にある低気圧が、23日(木)夜遅くには急速に発達しながら北海道に接近し、24日(金)にかけて北海道を通過する見込みです。日本海側と太平洋側西部では、24日未明~昼過ぎにかけて、風が非常に強く、海は大しけとなるでしょう。猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒してください。また、日本海側南部では、24日明け方から朝にかけて、高波にも警戒してください。なお、低気圧の接近・通過に伴い急激な風速の強まりや風向の急変に注意が必要です。

春の足音が聞こえそう~週ごとの天気

(2月25日~3月3日)
冬型の気圧配置の影響で、日本海側では26日(日)まで雪の降りやすい天気となりますが、27日(月)以降は、比較的穏やかで晴れ間の出る日が多いでしょう。太平洋側とオホーツク海側は晴れる日が多い見込みです。気温は平年よりかなり高くなる日もあり、3月1日頃の最高気温は全道的に5度前後まで上がる予想です。屋根からの落雪や傾斜地でのなだれに十分注意が必要となります。
(3月4日~3月10日)
冬型の気圧配置の強さは平年と同様の見込みですが、寒気の影響が小さいでしょう。日本海側では、平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ない見込みです。オホーツク海側や太平洋側では、平年と同じように晴れる日が多いでしょう。気温は平年より高く、春の足音が聞こえてきそうです。
(3月11日~3月24日)
冬型の気圧配置の強さは平年と同様で、太平洋側を中心に高気圧に覆われやすくなります。日本海側では、平年通りに曇りや雪または雨の日が多いでしょう。オホーツク海側と太平洋側は平年よりも晴れる日が多くなる見込みです。気温は平年並みか高いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい