宇宙からみた 2016年台風第10号 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇宙からみた 2016年台風第10号

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
図1 実況天気図(2016年8月30日18時)

図1 実況天気図(2016年8月30日18時)

図2 2016年台風第10号 台風経路図  気象庁HP「台風経路図」より引用

図2 2016年台風第10号 台風経路図  気象庁HP「台風経路図」より引用

図3 GSMaP(上:2016年8月29日3時 下:2016年8月30日15時)

図3 GSMaP(上:2016年8月29日3時 下:2016年8月30日15時)

図4 アメダス東北地方(上:降水量 下:風向風速 2016年8月30日18時) ※ ×は欠測を表す

図4 アメダス東北地方(上:降水量 下:風向風速 2016年8月30日18時) ※ ×は欠測を表す

図5 8 月29 日0 時から8 月31 日12 時までの総降水量(単位:mm)  気象庁発表資料より引用

図5 8 月29 日0 時から8 月31 日12 時までの総降水量(単位:mm)  気象庁発表資料より引用

【宇宙からみた気象現象シリーズ第四弾】 2016年8月30日に岩手県に上陸した台風第10号についてリポートします。台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、1951年の統計開始以来初めてでした。この影響で岩手県では記録的な大雨となりました。JAXAのGSMaPやアメダス・日降水量のデータを用いて、台風第10号の異例の進路や雨・風の状況をまとめました。

統計開始以来初めて東北地方の太平洋側に上陸

図2は、台風第10号の経路図です。経路上の○印は傍らに記した日の午前9時、●印は午後9時の位置で→|は消滅を示します。経路の実線は台風、破線は熱帯低気圧・温帯低気圧の期間を示します。
2016年の台風第10号は、日本の南の海上を西に進んでいた熱帯低気圧が発達して、8月21日21時に台風になりました。その後、8月25日にかけて日本の南の海上を発達しながら非常に強い勢力となって南西に進みました。8月26日には偏西風の影響で進路を東よりに変え、8月29日にかけて非常に強い勢力を保ったまま、太平洋高気圧の縁に沿うように北東に進みました。8月29日にはオホーツク海から張り出す高気圧の影響で進路を西よりに変え、8月30日にかけて勢力を弱めながらも暴風域を伴ったまま北西に進み、8月30日の17時半頃に岩手県大船渡市付近に上陸しました。
台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、1951年の統計開始以来初めてでした。

JAXAのGSMaPで見る降水域

図3は、気象衛星の画像に、JAXAのGSMaPプロダクトのデータを重ね合わせたものです(世界の雨分布リアルタイム)。GSMaPのデータは、宇宙から雨を観測できる複数の衛星を利用して観測された降水分布で、地上レーダがない地域でも観測可能です。データは世界中を0.1度(中緯度で約10km間隔)でくまなく網羅しており、ひまわり観測域では30分間隔で入手できます。
上は8月29日3時の画像で、台風の勢力が最盛期だった頃です。下は8月30日15時の画像で、台風の中心が岩手県に上陸する2時間半前です。この36時間の間に海面水温の比較的低い三陸沖を通過したため、台風の勢力は次第に弱まり、台風の雲や降水域を上空から見た形は同心円状では無くなっています。ただし、8月30日15時時点での台風第10号の雲域は、日本海の低気圧に伴う雲域とつながり、台風や低気圧に伴う発達した雨雲が東北地方付近にかかっていることがわかります。

上陸時の降水量と風の様子(東北地方)

図4は、8月30日18時の気象庁アメダスの観測値で、上が降水量、下が風向風速の様子です。
18時の降水量を見ると、台風の北側の非常に発達した積乱雲がかかった影響で、岩手県の沿岸北部で1時間に50ミリを超える非常に激しい雨の降った所がありました。8月30日の1時間降水量は、岩手県宮古市で17時52分までの1時間に80ミリ、岩手県岩泉町では18時21分までの1時間に70.5ミリを観測し、観測史上1位を更新しました。
18時の風向を見ると、岩手県の沿岸南部付近に、台風の中心に向かうように反時計回りに吹き込む風の流れがあるのが分かります。18時の風速は、青森県八戸市で20メートルを超える非常に強い風が吹きました。8月30日の最大瞬間風速は、岩手県宮古市で、18時4分に37.7m/s、青森県八戸市で19時26分に35.0m/sを観測しました。

岩手県で記録的大雨に

図5は、8月30日の日降水量の分布図です。日降水量は、岩手県沿岸北部で180ミリを超えた所がありました。また、北海道の十勝地方や胆振・日高地方などでも、日降水量が120ミリを超えた所がありました。岩手県沿岸北部では、この日までの24時間降水量や72時間降水量が観測史上1位となった所がありました。
台風第10号による大雨の影響で、河川の氾濫・浸水害・土砂災害等が発生し、岩手県岩泉町で20名の方が亡くなるなど、亡くなった人数は北海道と岩手県で合計23名となりました。
異例だった進路の影響で、岩手県沿岸北部ではこれまで経験したことの無い大雨が降り、災害へとつながりました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい