正午の気温 東京や大阪 10度ダウン 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

正午の気温 東京や大阪 10度ダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
写真は高橋予報士撮影

写真は高橋予報士撮影

強い南風で気温が上昇した昨日(20日)から一転して、今日(21日)は冬の寒さが戻っています。正午の気温は東京都心や大阪市など所々で昨日より10度ほど低くなっています。

◆冴え返る 広く気温急降下

昨日(20日)は強い南風が吹き荒れ、広く気温が上昇しましたが、今日(21日)は一転して、北風に変わり、全国的に冷たい空気に入れ替わっています。正午の気温は関東甲信や北陸、東海、近畿、中国、四国を中心に所々で昨日より10度前後低くなっています。
東京都心の今日の正午の気温は8度7分と、昨日の正午の気温に比べると9度8分も低くなっています。瞬間的に10メートルほどの強めの北よりの風が断続的に吹いており、寒さに拍車をかけています。また、昨日、春一番が吹いた近畿でも気温は大幅ダウン。大阪市では昨日の正午の気温は16度9分まで上がりましたが、今日は6度9分と10度低くなっています。
なかでも、全国で気温差が最も大きくなったのが徳島市です。昨日の正午の気温は20度7分まで上がったものの、今日は6度5分と14度2分も低くなりました。昨日は上着がいらないくらいでしたが、今日は冬のコートが必要な寒さとなっています。
今夜から明日の朝にかけては冷え込みが強まるでしょう。関東から四国でも最低気温は0度前後まで下がる所が多くなりそうです。気温の変化が大きくなっていますので、体調を崩さないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい