19日 日本海側 強い雪や風に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日 日本海側 強い雪や風に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

19日(日)、日本海側では午前中まで強い雪や風に注意が必要です。北日本ではふぶく所もあるでしょう。近畿や関東など太平洋側でも、明け方にかけてにわか雪やにわか雨の所がありそうです。

19日(日)日本海側は雪の強まりに注意 太平洋側もにわか雪

19日(日)、日本付近は冬型の気圧配置が続き、19日(日)の日中にかけて日本海側を中心に雪が降る見込みです。冬型の気圧配置が強まるのは北日本が中心ですが、西日本でも雪の強まる時間がありそうです。
北日本では、18日(土)の夜から19日(日)の午前中にかけて強い寒気が流れ込む予想です。このタイミングで雪や風が強まり、ふぶく所もありそうです。特に山沿いなどでは雪の量が多くなり、なだれが起こるおそれがありますのでご注意下さい。午後も北日本の日本海側では雪が降ったり止んだりするでしょう。
また、西日本の日本海側から北陸でも18日(土)の夜から19日(日)の朝にかけて発達した雪雲が日本海から流れ込み、局地的に雪が強まるおそれがあります。また、近畿や関東など太平洋側でも18日(土)の夜から19日(日)の明け方にかけて、にわか雪やにわか雨の可能性があります。すでに午後6時現在、関東の一部に弱い雪雲や雨雲が見られます。関東では降ってもそれほど強い雪や雨にはならない見込みですが、深夜に車の運転をしたり外出をされる方は念のためお気を付け下さい。
19日(日)の午後になると、次第に日本海側の雪や風は弱まってきそうです。

19日(日)も冬の寒さ続く

18日(土)は、17日(金)の春の暖かさから一転、冬の寒さに逆戻りしましたが、19日(日)も冬の寒さが続く見込みです。朝の冷え込みは18日(土)の朝より強い所が多く、東京と広島は2度(-5)、福岡1度(-8)など、特に関東から西で18日(土)朝の気温より大幅に低くなりそうです<※( )内は前日との比較>。日中の気温は、18日(土)と同じかやや低い所が多くなる予想です。寒さが続きますので、暖かくしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい