北海道 強風・高波に注意! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 強風・高波に注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

北海道の風のピークは越えましたが、明日(19日)明け方まで日本海側や太平洋側では強風や高波に注意が必要です。

昨夜から道内は大荒れに

昨夜(18日)から今朝(19日)にかけて日本海側や太平洋側西部で風が強まり、大荒れの天気となりました。
昨日の夜遅くには、日高地方のえりも岬では最大瞬間風速33.2m/sを観測しました。今朝9時までの24時間に降った雪の量が道内で最も多くなった上川は、38cmの大雪となりました。

明日明け方にかけて強風・高波に注意!

北海道の風のピークは越えましたが、発達中の低気圧がサハリンの東で停滞するため、北海道付近は、冬型の気圧配置が続きます。
今日これからも日本海側を中心に風雪が強く、ふぶきや吹きだまりによる交通障害に注意が必要です。日本海側や太平洋側の海の波は4メートルとしける海域があるため、高波に注意して下さい。オホーツク海側では、流氷の動きに注意が必要です。
昨日の朝は春先のような暖かさとなった道内ですが、今日は寒さが厳しくなります。最高気温は、全道的に氷点下4度前後と全道的に真冬日になりそうです。昨日の雨や暖かさで道路に出来た水たまりが凍り、一面ツルツル路面になっているため、足元には十分注意して下さい。
明日も、日本海側では雪が降り、沿岸などでふぶく所があるでしょう。札幌では2017冬季アジア札幌大会が開催されますが、風は収まり、天気の大きな崩れもない見込みです。ただ、厳しい寒さは続くため、万全の防寒対策が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい