吹き荒れる南風 気温は急上昇

tenki.jp
17日にかけては全国的に南よりの風が強まり、気温が急激に上がるでしょう。桜が咲く頃を飛び越えて、春本番の陽気となる所も。雪の多く積もっている所では雪崩や屋根から落ちてくる雪、水はねや泥はねに注意が必要です。

春呼ぶ南風

きょう15日(水)は、西から高気圧に覆われて、穏やかに晴れた所が多くなりました。ただ、穏やかな天気は長続きしません。あす16日(木)から、あさって17日(金)にかけては、低気圧が発達しながら北海道の北へ進むでしょう。この低気圧に向かって風が吹き込むため、日本海側を中心に南より、または西よりの風が強まりそうです。低気圧の発達具合によっては、春一番となるような強い風が吹き荒れる恐れもあります。
最高気温は、あす、あさってと日に日に高くなります。あす16日(木)は、北海道は5度前後、東北や北陸は10度を上回る所が多いでしょう。関東から中国地方は15度近くまで上がる所があり、四国、九州は広く15度以上の予想です。さらに、あさって17日(金)は、関東から九州の広い範囲で20度前後まで上がるでしょう。桜が咲く頃を飛び越えて、春本番の陽気となる所も。特に関東など日差しの届く所では、昼間はコートいらずの暖かさになりそうです。雪国だけでなく、西日本の日本海側でも雪が多く積もっている所があります。屋根から落ちてくる雪や雪崩に注意が必要です。平野部でも路肩などに雪が残っている所では、雪が解けて水たまりができるでしょう。車を運転する方は、歩行者への水はねや泥はねに注意してください。

金曜は北風に変わり、冬に逆戻り

なお、あさって17日(金)は低気圧から延びる寒冷前線が北海道から本州を南下します。このため、前線の通過後は北西の風に変わるでしょう。日本海側の地方では、朝までに最高気温を観測して、日中は気温がグングン下がりそうです。太平洋側も夜は冷たい北風が吹くでしょう。風向きと気温の急な変化にご注意ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック