太平洋側 所々でにわか雪やにわか雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

太平洋側 所々でにわか雪やにわか雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
気象衛星とレーダーの合成図

気象衛星とレーダーの合成図

きょう(14日)は大気の状態が不安定です。山陰から近畿北部は大雪や落雷、突風に注意が必要です。東日本と西日本の太平洋側も所々でにわか雪やにわか雨があるでしょう。

山陰から近畿は局地的な大雪に注意

きょう(14日)は、上空に寒気を伴った気圧の谷が本州を通過します。東日本と西日本で大気の状態が不安定になるでしょう。日本海側は雪や雨が降りやすく、山陰から東北にかけては雷の鳴る所があるでしょう。特に、山陰や近畿北部は、夕方にかけて局地的に雷雲が発達しそうです。一時的に降り方が強まったり、落雷や突風の恐れがありますので注意が必要です。鳥取では再び大雪の恐れがあります。あす朝6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、山地で30センチ、平地で10センチの見込みです。10日~11日の大雪がまだ残っている上に、さらに雪が増えそうです。交通機関への影響も出やすいのでご注意下さい。一方、太平洋側も大気の状態が不安定になります。九州南部や四国は昼前まで、近畿から関東も夕方にかけて、所々でにわか雪やにわか雨がありそうです。東京都心は朝晩は晴れますが、日中は雲が多くなるでしょう。都心も、午後になるとにわか雪やにわか雨があるかもしれません。きょうの外出には雨具があると良さそうです。

関東以西は冬の寒さに戻る所も

日中の最高気温はほぼ全国的にきのうと同じか低くなる所が多いでしょう。札幌2度、青森4度、仙台8度、金沢6度、東京10度、名古屋と大阪は8度、広島11度、松江7度、高知や福岡12度、鹿児島14度、那覇18度の予想です。北海道は3月並みで、真冬日から解放される状態が続きそうです。一方、関東以西の太平洋側は日差しが弱まるため、再び冬の寒さに戻りそうです。マフラーや手袋を活用し、防寒対策をしっかりしてお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい