鳥取 33年ぶりの大雪

2017/02/11 13:29

西日本の日本海側や北陸では記録的な大雪になっています。鳥取県鳥取市では、今日(11日)午後1時までの積雪の深さが91センチで、33年ぶりの大雪になりました。

日本付近は今日(11日)も冬型の気圧配置が続いています。強烈な寒気が居座り、西日本の日本海側から北陸の各地で記録的な大雪になっています。 午後1時までの24時間降雪量は、福井県小浜市で80センチ、鳥取県鳥取市で69センチ、鳥取県大山で61センチと、記録的な雪の降り方になりました。 鳥取市では午後1時までの積雪の深さが91センチと、1984年の90センチ以来33年ぶりの大雪になっています。また、鳥取県倉吉市では61センチと、2月としては1位で、歴代3位の記録を更新しました。 これらの記録的な大雪の影響で、電車や高速道路など交通機関にも影響が出ているようです。最新の情報に留意して下さい。また、電線や樹木への着雪、農作物の管理にも注意をして下さい。

あわせて読みたい

  • 西日本の記録的な大雪のまとめ

    西日本の記録的な大雪のまとめ

    tenki.jp

    2/13

    2月まとめ 大雪のち春の嵐 3月は?

    2月まとめ 大雪のち春の嵐 3月は?

    tenki.jp

    2/28

  • 北陸大雪 市街地で積雪2メートル50センチに迫る このあとも警戒

    北陸大雪 市街地で積雪2メートル50センチに迫る このあとも警戒

    tenki.jp

    1/10

    信越や北陸中心に大雪に 12時間降雪量50センチ以上も 名古屋・京都などにも雪雲

    信越や北陸中心に大雪に 12時間降雪量50センチ以上も 名古屋・京都などにも雪雲

    tenki.jp

    1/14

  • 彦根や舞鶴など12月として記録的な積雪 立ち往生に警戒 名古屋も積雪

    彦根や舞鶴など12月として記録的な積雪 立ち往生に警戒 名古屋も積雪

    tenki.jp

    12/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す