九州から東海 さらなる大雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州から東海 さらなる大雪に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

あす11日(土)にかけても九州から東海、北陸は大雪に警戒を。日本海側では積雪がさらに増えて、普段、雪の少ない太平洋側でも雪の積もる所があるでしょう。10日(金)は西から数年に一度の強い寒気が入り、西日本の日本海側を中心に雪の降り方が強まりました。11日(土)にかけても西日本は断続的に雪が降り、さらに東海や北陸でも雪雲の流れ込みが強まるでしょう。
上の図にあるように、11日午後6時までに多い所で中国地方では80センチ、東北や北陸、近畿では70センチの降雪が予想されています。比較的短い時間に雪が一気に増えますので、雪崩や屋根から落ちてくる雪に注意が必要です。また、倒壊する恐れがあるカーポートやビニールハウスなど簡易的な建物には近づかないようにしてください。湿った重い雪により、停電が発生する恐れもあります。懐中電灯や、体を暖められる物を用意するとよいでしょう。また、東海でも50センチ、四国や九州北部・南部でも10センチから20センチと、日本海側だけでなく、太平洋側でも雪の量が多くなる予想です。普段、雪の少ない地域で雪が降るため、数センチ程度の積雪でも交通機関に影響が出るかもしれません。また、外出する場合は足元が滑りやすくなりますので、転倒しないよう、お気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい