朝は太平洋側で積雪 交通に影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝は太平洋側で積雪 交通に影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

9日(木)の朝は、近畿や東海、関東など本州の太平洋側で雪が降り、近畿や東海では平地でも積もる所があるでしょう。通勤・通学の際は交通機関への影響に注意が必要です。

太平洋側に広く雪雲・雨雲

9日(木)は、本州の南岸と日本海を低気圧がそれぞれ東へ進みます。雨や雪の範囲も西から東へ広がるでしょう。寒気に覆われている中、低気圧が近づくため、朝にかけての気温の低い時間帯を中心に、平地でも雨ではなく雪の降る所があるでしょう。
九州や中国・四国は、きょう8日(水)の夜には雨の降りだす所があり、標高の高い所を中心に雪に変わるでしょう。9日(木)の朝にかけて雪や雨の降りやすい状態が続く見込みです。近畿は9日(木)の未明から雨雲や雪雲がかかりそうです。昼過ぎにかけては中部や南部の平地でも積雪となる所がある見込みです。東海は明け方から雪の降る所が多いでしょう。昼前にかけては平地でも雪の積もる所があり、大雪となる恐れがあります。朝、お出かけの際は凍結や積雪により、路面が滑りやすくなる所があるでしょう。交通機関に影響が出ることも考えられますので、時間には余裕を持ってお出かけください。関東は低気圧が近づく前の未明から、雪のちらつく所があるでしょう。日中は雨に変わる所が多く、降る量も今のところ少ない予想です。なお、低気圧の進路や発達具合によって雪や雨の降り方が変わってきますので、あすはお出かけ前に最新の予報をチェックしてください。

いったん止んでも油断なく

低気圧に伴う雪や雨はいったんやむ所が多いですが、油断できません。低気圧が通過した後は西日本に今季最強レベルの寒気が流れ込みます。九州から近畿は9日(木)の夜になると再び雪の降る所があるでしょう。その後、12日(日)頃にかけては西日本の平地でも広い範囲で積雪となり、大雪となる恐れがあります。また、風が強まり、荒れた天気となりそうです。交通機関の乱れに注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい