30日の関東 季節外れの暖かさか

tenki.jp
30日午前9時の予想天気図
拡大写真

30日午前9時の予想天気図

あす(30日)は、低気圧や前線が本州付近を通過するでしょう。関東地方の雨は朝までで、日中は天気が回復して次第に晴れてくる見込みです。予想最高気温は、東京の都心や横浜、銚子で20度と、4月下旬から5月中旬並みとなり、1月としては記録的な暖かさになる可能性があります。

20度を超えれば 48年ぶり

低気圧が持ち込んだ暖かい空気が残り、強い南西の風が吹くことや日差しが戻ることで、気温がグンと上昇するでしょう。東京の都心で最高気温が20度を超えれば、統計が始まった1876年以降で、1969年1月27日の22度6分以来、48年ぶりとなります。横浜(同年同日の20度1分)や銚子(同年同日の23度6分)でも48年ぶりとなります。

31日 気温急降下

31日(火)は日本付近は冬型の気圧配置に変わります。北風が強まり、寒気も南下するため、関東地方は気温が一気に下がるでしょう。各地の予想最高気温を30日(月)と並べて下記に記します。東京の都心や横浜と銚子では30日より10度も低くなり、そのほかの各地も6度から7度低くなるでしょう。劇的な気温降下になりますので、体調を崩さないようお気を付けください。
予想最高気温 30日(月)   31日(火)
水戸      16度     9度
宇都宮     16度     9度
前橋      15度     9度
熊谷      18度     11度
東京      20度     10度
横浜      20度     10度
銚子      20度     10度

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック