北海道 大荒れの天気 警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 大荒れの天気 警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
今日(28日)午前10時頃の札幌中心部の様子

今日(28日)午前10時頃の札幌中心部の様子

今日(28日)の北海道付近は、強い冬型の気圧配置で日本海側や太平洋側西部を中心に大荒れの天気となっています。夜遅くにかけて暴風や高波、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要です。夜のはじめ頃にかけては、大雪による交通障害にも注意が必要です。

昨日は雨 今日はふぶき

昨日(27日)は低気圧の通過で札幌など季節外れの雨が降りました。今日(28日)には低気圧はオホーツク海に進み、北海道付近は強い冬型の気圧配置となっており、日本海側を中心に雪が降り、沿岸を中心に非常に強い風が吹いています。
11時までの速報値では、今日明け方に日高地方のえりも岬で最大瞬間風速34.3m/sを観測しました。主な都市でも、釧路で28.1m/s、留萌25.0m/s、函館23.4m/sを観測しました。日本海側を中心に雪も降り続き、午前11時までの24時間降雪量は、宗谷地方の枝幸町歌登で32cm、上川地方の音威子府で31cm、富良野で30cmとなっています。
普段西よりの風では雪の降りにくい札幌も雪雲の背が高く、上空の強い風の影響で雪雲が流れ込み、午前11時までの12時間で8センチの雪が降りました。札幌では、この後も雪が降りやすいため、外出には帽子やフードつきのコートがお勧めです。

夜遅くにかけて警戒を

今日これからも、北海道付近の強い冬型の気圧配置が続くため、夜遅くにかけて、日本海側や太平洋側西部を中心に大荒れの天気となります。雪を伴う非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。方向が分からなくなるような見通しの全くきかない猛ふぶきや、大きな道をふさいでしまうような吹きだまりによる交通障害に警戒が必要です。風に向かって歩けないほどの非常に強い風が吹く恐れもあるため、暴風や高波にも警戒が必要です。
午後6時までの12時間で降る雪の量は、上川や留萌、空知、石狩、後志地方で局地的に30cmの大雪で、明日の午前6時の24時間にかけてではトータル40cmの大雪となる恐れがあります。大雪による交通障害にも注意が必要です。
最高気温は、昨日より7度前後低く、気温の変動が大きくなります。太平洋側では晴れ間が広がりますが、昨日の雨の影響でスケートリンクのようなツルツル路面に強い風が吹くため、歩行者は足元に、ドライバーは横風などに十分注意して下さい。
また、オホーツク海や宗谷海峡では流氷の動きが激しくなるため、船舶関係などは注意が必要です。

あすの天気は早くも下り坂

明日(29日)の日中は高気圧が張り出し、晴れ間の広がる所が多く、風も収まる見込みです。しかし、夜には日本海に低気圧が進み、天気は早くも下り坂となります。夜には道南を中心に雪が降りだし、明後日(30日)は道東方面を中心に風雪が強まる恐れがあります。今後も最新の気象情報に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい