日本海側の雪は次第に弱まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側の雪は次第に弱まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
気象衛星

気象衛星

冬型の気圧配置は緩むため、日本海側の雪は次第に弱まるでしょう。一方、太平洋側は空気の乾燥に注意。

日本海側の雪は弱まる 太平洋側は空気がカラカラ

日本海側はまだ雪が降っていますが、気象衛星を見ると、日本海で発生している雲の範囲が狭くなり、中国大陸の沿岸付近には雲がなくなってきました。これは、寒気が弱まっている証拠です。
きょう(25日)の前半はまだ大雪や風雪に注意が必要ですが、後半は雪が弱まっていくでしょう。西日本は昼前には止む所が多くなり、北陸の雪も夕方までの見込みです。ただ、東北の日本海側は夜にかけても雪が降りやすく、昼頃にかけては局地的に降り方が強まるのでご注意ください。北海道は北部で雪が降りやすい見込みです。
午前8時現在の積雪は、鳥取県大山228センチ。新潟県津南町210センチ、鳥取市52センチ、松江30センチとなっています。雪が弱まっても、急に積雪が増えましたので、しばらくは雪崩に注意して下さい。
一方、九州や太平洋側各地も雪の心配はなくなりました。今日(25日)は穏やかに晴れる所が多いでしょう。ただ、空気が乾燥しています。昨日(24日)の各地の最小湿度は東京で15%、甲府11%、静岡9%でした。今日(25日)も空気がカラカラですから火の元に注意して下さい。
また、沖縄は湿った空気が流れ込むため、雲が広がりやすく、雨の降る所がありそうです。

この冬一番の冷え込みの所が多かった 東京は2日連続の冬日

今朝は北海道で一番気温が低くなった所は、上川地方占冠の氷点下28度8分でした。氷点下30度を下回った所はありませんでしたが、北海道東部では晴れて放射冷却が強まり、網走地方滝上では氷点下28度まで下がるなど、所々でこの冬一番の冷え込みとなりました。また、東北から九州にかけても所々この冬一番の冷え込みとなりました。東京は氷点下1度2分、長崎は氷点下1度7分、鹿児島は氷点下0度3分と、それぞれ2日連続の冬日。和歌山は氷点下1度1分、福岡は氷点下0度6分と、いずれもこの冬初めての冬日となりました。

全国的に厳しい寒さが続く

今日(25日)も日本列島は冷たい空気に覆われているため、日中の最高気温は、平年並みか平年を下回る所が多いでしょう。札幌-2度、青森1度、仙台と金沢は4度、東京9度、名古屋と大阪は7度、広島6度、福岡9度、高知や鹿児島は10度、那覇18度の予想です。昨日(24日)よりも2度前後高くなる所が多いですが、それでもまだ平年を下回る厳しい寒さの所が多くなりそうです。外出の際はマフラーや手袋を活用するなど防寒対策を万全になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい