エゾシカも寒さを叫ぶ氷点下30度以下

tenki.jp
24日午前2時25分に北海道幌加内町朱鞠内で氷点下30度2分を観測。氷点下30度以下は全国で今季初。

全国で今季初の氷点下30度以下

強い寒気が流れ込んでいる影響で、今朝(24日)の北海道内は冷え込みが強まりました。
北海道上川地方幌加内町朱鞠内(ほろかないちょうしゅまりない)の気温は、午前2時25分に氷点下30度2分まで下がりました。氷点下30度以下となったのは全国で今季初めてのことです。その後、同じ上川地方占冠村と下川町でも氷点下30度以下となりました。
氷点下30度以下とは、「凍裂(とうれつ)」といって生きた大木が立ったまま、はじけるような音を立てて裂ける現象が起きるほどの厳しい寒さです。
午前7時半までの最低気温は、
上川地方占冠村で氷点下32度8分、上川地方幌加内町朱鞠内で氷点下32度1分、上川地方下川町で氷点下30度7分、上川地方旭川市江丹別で氷点下30度1分です。そのほか旭川で氷点下22度2分、小樽で氷点下13度、札幌で氷点下12度8分まで下がって、いずれも今季一番の冷え込みになりました。
北海道は、日中も広く氷点下の気温(真冬日)で、凍えるような厳しい寒さが続くでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック