23日 通勤の朝 大阪中心部も雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

23日 通勤の朝 大阪中心部も雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
予想天気図

予想天気図

23日は全国で気温低く、北風強く、厳寒。九州から近畿の太平洋側も雪予想。大阪は朝の通勤時と重なりそう。

朝の通勤時 寒さキビシー

23日(月)は冷たい北風が強く吹く、寒い一日になりそうです。暖かくしてお過ごし下さい。
通勤の朝、空はどんよりで、太平洋側も雪の降る所がありそうです。
【23日(月)のポイント】
北海道の日本海側と東北の日本海側はふぶいて見通しが悪くなりそう。
北海道の太平洋側やオホーツク海側は湿った雪で大雪の恐れ。
新潟県と北陸3県、山陰は雪が続き、降り方が強まりそう。
九州から東海の太平洋側や東北の太平洋側は朝の通勤時に雪の降る時間が重なる恐れ。
全国的に北風が強く寒さが厳しい一日になりそう。
【23日(月)の気圧配置】
西高東低の冬型の気圧配置。
強い寒気がジワジワ流れ込み日本列島をすっぽり覆う。
【23日(月)の全国天気】
北海道の日本海側と東北の日本海側は雪が降り、ふぶいたり、雷を伴ったりするでしょう。
北海道の太平洋側やオホーツク海側は湿った雪が降り、大雪となる恐れがあります。
(オホーツク海、宗谷海峡、日本海北部では流氷の動きにもご注意下さい。)
東北の太平洋側は雲が広がりやすく、朝の通勤時や夕方の帰宅時は雪の降る所があるでしょう。
関東甲信は乾燥した冬晴れでしょう。(関東北部の山沿いと長野県北部は雪が降る見込みです)
新潟県と北陸3県は雪が降り続き、積雪が一気に増える所があるでしょう。
東海は晴れますが朝は所々に雪雲が流れ込み、名古屋も朝は雪が舞うことがあるでしょう。
近畿の北部は雪が続き、中部や南部も昼頃まで雪でしょう。(大阪は朝の通勤時は雪が降りそうです。)
中国地方は山陰は雪が降り、局地的に雷を伴うでしょう。山陽は晴れますがにわか雪がありそうです。
四国は雲が多く、太平洋側は一時雪か雨で、瀬戸内側は夜から24日(火)にかけて雪が降るでしょう。
九州は雪か雨が降ったりやんだりでしょう。車の運転や足元に要注意です。(宮崎県は晴天でしょう。)
沖縄は雲が多く、日差しは時々出る程度でしょう。
【23日(月)の予想最低気温(通勤時の服装選びの参考に)】
★各地とも朝から北風が強めで、手がかじかんだり、耳が痛くなるような寒さでしょう。
目的地に着く前に体が冷えきってしまいそうです。万全な防寒対策をしてください。
北海道の日本海側とオホーツク海側は氷点下7度前後、北海道の太平洋側、東北、関東北部は氷点下2度前後、甲信は氷点下5度前後、関東南部、新潟県と北陸3県、東海、近畿、中国、四国、九州は1度前後、沖縄は14度くらいでしょう。
【23日(月)の予想最高気温(日中の服装選びの参考に)】
★10度を超えるのは沖縄くらいとなりそうです。晴れる所も空気は冷たいままでしょう。
風が強いため、実際の気温より体感温度はさらに低くなりそうです。
北海道の日本海側とオホーツク海側は氷点下5度前後(朝から横ばい)、北海道の太平洋側は0度前後、東北、甲信越、北陸、山陰は2度前後、関東は8度前後、東海、近畿、山陽、四国の瀬戸内側、九州北部は5度前後、四国の太平洋側と九州南部は7度前後、沖縄は16度くらいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい