冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

22日から23日にかけては再び冬の嵐となるでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むため、23日の朝には西日本の太平洋側にも雪雲がかかる可能性があります。21日(土)は、朝にかけて冬型の気圧配置が強まりましたが、西から次第に緩んで、日中は雪や風が弱まった所が多くなりました。少しホッとしたのも束の間、22日(日)は、早くも日本海から低気圧が近づきます。この低気圧は発達しながら東へ進んで、夜には北海道付近を通過するでしょう。
このため、北海道や東北は日本海側を中心に風が強まり、ふぶく所がある見込みです。太平洋側も午後は雪雲がかかり、降り方が強まる所もあるでしょう。また、低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過します。北陸や西日本の日本海側は雪や雨が降りやすく、東海も夕方から、西日本の太平洋側では昼頃から所々で雪や雨が降るでしょう。次第に寒気が流れ込むため、夕方以降は雨から雪に変わる所が多くなりそうです。
23日(月)は寒気の流れ込みが強く、日本海側は雪の降り方が強まるでしょう。特に北陸地方から山陰付近で雪雲が発達するとみられ、近畿南部や四国、九州南部にも雪雲のかかる所がある見込みです。朝の通勤や通学の時間帯に雪が強まることも考えられます。平野部でも雪が積もる可能性がありますので、最新の天気予報をチェックしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい