西日本は大荒れ 東海や関東も所々で雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西日本は大荒れ 東海や関東も所々で雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
            

            

大寒のきょう、西日本や北陸は冬の嵐。東海や関東も冷たい雨や雪で、内陸では積雪も。東京都心は、積雪となる可能性は低いものの、あす朝にかけて路面凍結に注意。

九州から近畿、北陸で大荒れ 四国など太平洋側の平地で積雪も

低気圧が山陰沖を発達しながら東へ進みます。このため、九州から近畿と北陸は、広い範囲で雨や雪。風も強まるでしょう。
特に、低気圧に近い『日本海側(山陰、近畿北部、北陸)』では、立っているのも大変なほど(飛ばされてくるものでケガをする危険性も)の、暴風が吹き荒れる見込みです。風のピークは、「山陰:きょう昼過ぎ~あす明け方」、「近畿北部と北陸:今夜~あす明け方」となりそうです。ふぶいて、かなり見通しが悪くなる恐れもあります。山沿いは大雪に警戒が必要で、平地も雪が積もるでしょう。
さらに、九州や四国、大阪市含め近畿の太平洋側では、日中は広く雨でも、「今夜からあすの明け方」は雪に変わる所が多くなりそうです。九州は山沿いで、四国や近畿では平地でも、雪の積もる所がある見込みです。車の運転は冬の装備をした上で、路面状況の変化に十分にお気を付けください。
今回、広く雨や雪を降らせる低気圧は、上空に強い寒気を伴っています。この影響で「きょうの午後~深夜」にかけ、大気の状態が非常に不安定になります。各地、落雷や突風にも要注意です。落雷によって停電が発生する可能性もありますので、念のため備えをなさってください。

東海と関東甲信 冷たい雨や雪 あす朝は路面凍結に注意

きょうは、山陰沖だけではなく、本州の南にも別の低気圧が発生します。このため、東海や関東甲信も、これからあす明け方にかけて冷たい雨や雪が降ったり止んだりでしょう。『岐阜と長野、関東北部と埼玉』は、山沿いは積雪が増えて、平地でもうっすらと積もる所がありそうです。そのほかの広い範囲(名古屋市周辺や、東京都心周辺含む)では、雨が主体で、雪は降っても短い時間でしょう。ただ、あすの朝、濡れた路面が凍結する危険性があります。雪が積もっていなくても、油断は禁物です。特に、橋の上や、トンネルの出入り口は凍結しやすいので、ドライバーの方、くれぐれもご注意ください。
なお、東北地方でも、今夜からあすの午前中にかけて、仙台など太平洋側を中心に雪が降りやすくなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい