雪雲は太平洋側まで 土曜朝から影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雪雲は太平洋側まで 土曜朝から影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
    

    

きょう、日本海側は北陸を中心に更なる大雪に警戒。東海や近畿など太平洋側も所々で雪や雨で、冷え込みが強まる今夜から土曜日の朝にかけ平地も積雪や凍結の恐れ。土曜日の日中から日曜日にかけ、さらに雪が強まる見込み。

北海道や東北、北陸から山陰 大雪による車の立ち往生など 警戒を

北海道から東北は日本海側を中心に雪で、北陸から山陰も広く雪。福島県南会津町の南郷では一日で約70センチもの雪が一気に降って、今朝8時の積雪は132センチ。など、降り方が強まっています。
きょうこのあとも広い範囲で雪が続き、北陸周辺を中心に降り方が強まる見込みです。あす午前6時までの24時間に予想される雪の量が最も多いのは新潟県で、90センチと予想されています。その後、日曜日にかけて広い範囲で雪が続き、さらに積雪が増えるでしょう。風も強く、ふぶいて見通しがかなり悪くなる恐れもあります。大雪やふぶきの影響で車が動けなくなり、立ち往生するケースも想定されます。車での不要不急の外出は避けたい所ですが、止むを得ず運転をする方は、燃料を満タンにした上で、非常食や暖を取るもの、スコップやロープを携帯するなど、いざという時への備えを万全になさってください。

東海など太平洋側 あす朝には雪の影響が出始める所も

雪にあまり慣れていない、東海や近畿、山陽、四国、九州にかけても、きょうから所々に雪雲や雨雲が流れ込みます。(あす午前6時までの24時間に、愛知県の平地の多い所で10センチの降雪を予想するなど、平地も雪の所がある見込み。)特に、気温がグッと下がってくる今夜からは、平地でもうっすらと雪が積もってきて、あす土曜日の朝、路面が白くなっている所もありそうです。積雪とはならなくても、濡れた路面が凍結することが考えられます。あすの朝、普段よりも移動に時間がかかってしまう可能性がありますので、特にセンター試験を受ける方、少し早めに起きて状況をしっかり確認すると良さそうです。
土曜日の日中から日曜日、さらに雪や凍結による影響が拡大する恐れがあります。
週末にかけて、気象情報、交通情報をチェックしつつ、時間に余裕を持った行動を心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい