2017年 箱根駅伝 復路の天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2017年 箱根駅伝 復路の天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
        

        

第93回箱根駅伝。今日の往路と同じように、明日の復路でも、この時期としては高い「気温」がポイントとなりそうです。明日、スタート地点である箱根芦ノ湖では凍えるような寒さですが、たっぷりの日差しで気温がグンと上がってきそうです。【6区】
スタートの時点(午前8時)の箱根芦ノ湖の天気は晴れ。気温は2度前後で、北西の風が2~3mくらい。体感温度は0度以下。手足がかじかむほどとなりそうです。
【7区】
寒暖の差がポイントとなる区間です。襷を受ける午前9時頃の小田原の気温は8度前後。山から吹き降りる風の冷たさが加わって、実際の気温よりもさらに寒く感じられそうです。ただ、コース中盤あたりからは、気温が11度~12度くらいまで上がるでしょう。風も弱まってくるので、少し暑いと感じる選手も出てくるかと思います。
【8区】
選手が走り始める平塚中継所付近の風は1mくらいと弱い予想です。後半、戸塚中継所に近づくにつれて3~4m吹くでしょう。北風なので、選手にとっては「向かい風」。それほど強い風ではありませんが、少しペースに影響が出るかもしれません。気温はほぼ横ばいで12度前後の予想です。
【9区~10区】
優勝争いやシード権争いに向け、逆転劇の舞台となる「9区」から、アンカーに襷がわたる「10区」にかけて。北寄りの風が4m前後で、終始向かい風の予想です。気温は13度~14度と、明日もこの時期としては高く、暑いくらいでしょう。給水のタイミングが重要になりそうです。
なお、選手にとっては暑くても、沿道で応援をする方は寒さ対策を心掛けて下さい。
気温は今日と同じくらいですが、冷たい北風が体感温度を下げそうです。重ね着のできるものや、マフラーや手袋を用意した方が良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい