冬将軍ひと踏ん張り 帰省への影響は

tenki.jp
いったん雪や雨のやんだ所も油断大敵。29日は日本海側で再び雪や雨の降る所があるでしょう。帰省の際は急に強まる雪や雨、風に注意してください。

29日の注意点

きょう28日(水)は冬型の気圧配置が西から緩み、日本海側の雪も次第にやんだり弱まったりしています。今夜は高気圧に覆われ、穏やかに晴れる所が多いですが、北海道には早くも次の低気圧や前線が近づくでしょう。29日(木)の昼過ぎにかけては寒冷前線が北海道から本州を通過する見込みです。
このため、29日(木)は、北海道から東北の日本海側で再び雪が降るでしょう。前線に向かって暖かい空気が流れ込むため、湿った雪となり、沿岸部は雨になる所もありそうです。北海道から東北の太平洋側も午後は雪や雨が降るでしょう。北陸は昼過ぎから雨の降る所が多く、山陰や九州北部も昼頃まではにわか雨の所がありそうです。前線の通過時は一時的に雪や雨、風が強まることも予想されますし、積もった雪が解けるなど、路面状況が変化する所もあるでしょう。車を運転して帰省や買い出しに行く方は十分にご注意ください。
また、前線が通過した後は強い寒気が流れ込みます。はじめ雨の所も夜は雪へと変わるでしょう。関東北部の山や長野北部も夜は雪が降りだします。車で山越えの予定がある方は雪の装備を確認してください。

30日の注意点

30日(金)は、はじめ冬型の気圧配置です。北海道の日本海側は午前中を中心に雪が降り、局地的に雪の降り方が強まることもある見込みです。季節風も午前中を中心に強めに吹くでしょう。北陸や関東北部の山、長野北部の雪は次第にやむでしょう。強い寒気の流れ込みは一時的で、冬型の気圧配置は次第に緩みます。大雪となったり、暴風が吹き荒れたりと、広く大荒れになる可能性は低いですが、念のため気象情報や交通情報はこまめにチェックするとよさそうです。

大晦日は?

なお、31日(土)は、気圧の谷の通過に伴って、北海道から東北の日本海側は雪、北陸は雨の降る所があるでしょう。年末年始の詳しい天気は、tenki.jpで最新の予報をチェックしてください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック