近畿から関東は 昼頃まで雨や風に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿から関東は 昼頃まで雨や風に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
天気図

天気図

きょうは近畿から関東は昼頃まで強い雨や風に注意が必要です。雨が止んだ後は北風に変わり、急激に寒くなるでしょう。夜は震える寒さになりますので、気温の大きな変動に注意が必要です。

近畿から関東 昼頃まで雨や風に注意

午前8時現在、近畿や東海地方で雨脚が強まっています。きょうは、低気圧が発達しながら東日本を東北東進し、三陸沖へ進むでしょう。寒冷前線が西日本や東日本を通過する見込みです。
低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、近畿から関東は太平洋側の沿岸部を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。局地的に発達した雷雲が発生し、激しい雨が降る恐れもあります。注意するべき時間帯は、近畿や東海は昼前にかけて、関東は昼過ぎにかけて、伊豆諸島は夕方にかけてです。短い時間に激しい雨が降ったり、落雷や突風の恐れがあるでしょう。
また、関東や伊豆諸島は、非常に強い南風にも注意が必要です。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東地方の陸上 20メートル(35メートル)、関東地方の海上と伊豆諸島は 20メートル(30メートル)の見込みです。交通機関に影響が出るおそれがありそうです。

冬将軍の登場

けさは南風の影響で、気温が高めです。東京では午前8時46分に18度3分を観測しました。関東から西の地域は10度前後まで上がっています。ただし、低気圧や前線が通過した後は、冬将軍の出番です。雨のあとは一気に寒くなるでしょう。平地に雪を降らせるような強い寒気が、今夜までに本州の日本海側の地域をすっぽりと覆う見込みです。このため、日中は次第に冷たい北風に変わり、気温がどんどんと低下します。東北は雨から次第に雪に変わりますし、北陸周辺の標高の高い所も夜は雪に変わる見込みです。関東から西の地域も夜の気温は一桁となり、震える寒さとなるでしょう。予想最高気温の数字は高いですが、数字に騙されないようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい