今年最後?台風26号クリスマスにフィリピンへ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年最後?台風26号クリスマスにフィリピンへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今日(22日)の午前3時に台風26号(ノックテン)が発生。今年最後の台風となるかもしれません。今後は北西へ進み、25日にフィリピンへ進む予想です。

◆台風26号 今後の動き

今日の未明(22日)の午前3時にカロリン諸島で台風26号(ノックテン※)が発生。(※ラオスが用意した名前で、「鳥」を意味します。)
台風26号は今後も北西へ進み、24日には強い勢力に発達する予想です。25日には、強い勢力でフィリピンに直撃する可能性があります。日本への影響はありませんが、フィリピンではクリスマスに荒天となる恐れがあります。旅行や出張などフィリピンへ行かれる予定の方は注意が必要です。

◆今年の台風発生 後半に偏った

今年の台風の発生数はこれで26個となり、平年並み(25.6個)となりました。年間を通すと平年並みですが、今年は後半に集中しており、例年の発生とは異なりました。今年の台風第1号の発生は7月3日と、統計開始開始(1951年)以来、1998年の7月9日に次いで2番目に遅くなりました。これはエルニーニョ現象が最盛期を迎えた翌年に見られる特徴として、北西太平洋熱帯域の大気の循環が台風の発生しにくい状況であったためと考えられています。一転して、7月以降は平年よりも多く台風が発生したため、年間を通すと平年並みでした。
また、今年の日本への台風の接近数は平年並みでしたが、北日本、東日本(伊豆諸島・小笠原諸島除く)への接近数は平年よりも多く、特に北海道への接近数は5個と統計開始以降、最多となりました。日本への台風の上陸数は統計開始以降、2004年の10個に次いで、1990年、1993年と並んで2番目に多い6個でした。このうち、台風第7号、第9号、第10号、第11号が8月中旬から下旬にかけて、北海道、東北、関東に相次いで上陸し、大きな被害をもたらしました。
現在、台風26号のほかにまとまった雲のかたまりはなく、台風26号が今年最後の台風となるかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい