九州 季節はずれの暖かな「冬至」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 季節はずれの暖かな「冬至」

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
九州は11月上旬並みの暖かさ

九州は11月上旬並みの暖かさ



この暖かさは雨の前触れ

きょうは二十四節気の一つ、冬至です。九州でも冬の寒さが増す頃ですが、きょう日中の最高気温は20度を超えたところもあって、冬物のコートが邪魔に感じる陽気でした。この季節はずれの暖かさは雨の前触れです。あすは短時間に強く降る雨や落雷、突風、海上は高波など荒れ模様の天気となりそうです。

きょうは「冬至」

冬至は一年で昼間の時間が一番短い日です。ただ、冬至を境に昼間の時間はわずかに長くなることから、太陽が勢いを取り戻すという意味で「一陽来復」ともいわれます。
この日は新年のお金の融通が良くなるようにとユズ湯に浸かったり、健康で過ごせるようにとカボチャを食べたりします。
その他、九州では「ん」が重なるものを食べると新年の運がつくとされ、ニンジン、レンコン、キンカン、ギンナン、うどんなどがそれにあたります。
冬至の夜はいろいろ忙しいですね。

あすの九州は荒れ模様の天気

あすは低気圧が日本海を発達しながら東進し、これから延びる寒冷前線が日中、九州を南下する見込みです。
あすの九州は各地でこの時期としてはまとまった雨が降るでしょう。前線が通過する際には大気の状態が不安定となり、急に強く降る雨や、落雷、竜巻などの突風、海上は高波に注意が必要です。
祝日の金曜日は冬型気圧配置となるため、寒気が流れ込み、雲の多い冬空に戻るでしょう。
土曜日は回復へ向かいますが、年末年始の頃の厳しい寒さとなる見込みです。
この先は天気と気温の変動が大きくなりますので体調管理に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい