日本海側で大雪 着雪 ふぶき 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側で大雪 着雪 ふぶき

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

日本海側の地域を中心にきのうから雪が降り続いており、平地でも雪の積もっている所があります。

日本海側では大雪の所も

日本付近は西高東低の冬型の気圧配置が続いており、強い寒気も居座っています。日本海側の地域では次々に雪雲が流れ込み、広い範囲で雪が降っています。午前11時までの24時間で30~40センチほど雪の降った所があり、西日本でも初雪や初冠雪が観測されています。午前11時の積雪を見ると
札幌59センチ 青森県青森41センチ 秋田県横手51センチ 山形県小国51センチ 新潟県安塚50センチ 鳥取県大山67センチ
などこの時期としては大雪になっている所があります。
東北から北陸にかけては
秋田12センチ 富山7センチ 金沢6センチ 福井5センチ など
山沿いだけでなく平地でも雪の積もっている所があり、道路の状態が悪くなっています。
また、北日本を中心にふぶいて見通しの悪くなっている所もあります。車の運転などは道路の状態や見通しの悪さに引き続きご注意ください。
太平洋側にも雲が流れ込み、東北や近畿、四国でも雪や雨の降っている所があります。東北の太平洋側では、このあとも内陸部を中心に夜にかけて雪が降りそうです。近畿や四国では夕方にはやむ見込みです。

あすにかけて降雪量の多くなる所も

このあとも冬型の気圧配置が続きますが、あすは次第に冬型の気圧配置が緩み、強い寒気もゆっくりと抜ける見込みです。日本海側の地域ではあすにかけて雪の降りやすい状態が続き、カミナリを伴う所もありそうです。山沿いを中心に雪の量が多くなるおそれもあります。大雪、電線や樹木への着雪、ふぶきにおる交通障害などに引き続き注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい