今週後半 今季初 西日本まで強烈寒気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週後半 今季初 西日本まで強烈寒気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

13日(火)から14日(水)の雨のあと、強い寒気が流れ込むでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むのは今シーズン初めてです。

13日(火)~14日(水)は広く雨

13日(火)~14日(水)にかけて北海道付近と本州の南岸をそれぞれ低気圧や前線が進み、広く天気が崩れるでしょう。九州から東海、北陸は雨が降ったりやんだりで、沿岸部では雨脚の強まる所もありそうです。関東や太平洋側も夕方以降は次第に雨が降るでしょう。東北や北海道の日本海側はこの時期としては気温が高めで、雨や湿った雪になりそうです。

雨の後は強烈寒波 今季初めて西日本まで

この雨の後、14日(水)夜からは寒気が流れ込むでしょう。17日(土)にかけては西日本の上空5500メートル付近にも氷点下30度以下(平地で雪の目安)の強い寒気が流れ込む予想です。今年は北海道や東北には度々強い寒気が流れ込んでいますし、関東にも雪を降らせるような寒気が流れ込みましたが、西日本に強い寒気が流れ込むのは今シーズン初めてです。
北海道と東北の日本海側、北陸は広く雪が降るでしょう。山陰の平地でも雪の降る所がある見込みです。西日本の太平洋側でも一部に雪雲の流れ込む可能性があります。道路が凍結するなどの心配もあるため、早めに冬用タイヤの準備をした方が良さそうです。
そのほか晴れる地域も寒さが厳しくなるでしょう。最低気温は東京や名古屋、大阪でも3度くらいまで下がる日が多くなりそうです。内陸部では氷点下となる所が多くなるでしょう。日中も震えるような寒さで、福岡でも今シーズン初めて最高気温が10度に届かない日があるでしょう。一段と寒くなりますので、しっかりと寒さ対策をなさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい