北海道や本州、四国で厳しい冷え込み 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道や本州、四国で厳しい冷え込み

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
アメダス

アメダス

けさは、北海道や本州、四国では今シーズン一番の冷え込みとなり、北海道の一部で連日の氷点下20度以下まで下がりました。日中も真冬並みの寒さになる所がありますので、防寒対策はしっかりとしてお出かけください。

北海道は連日の氷点下20度以下

冷たい空気に覆われた日本列島は、今朝も晴れた地域を中心に、放射冷却が強まりました。北海道や本州、四国では今シーズン一番の冷え込みになった所が多く、金沢や銚子、松江では「初霜」と「初氷」を、富山や福井、静岡では「初氷」、大阪や高松、津では「初霜」を観測しました。また、十勝支庁本別では気温が氷点下22度5分まで下がるなど、きのう(11日)に続いて、北海道では4か所で氷点下20度以下を観測。氷点下20度以下になると、空気中の水蒸気が凍りつくため、空気中を氷の結晶が落下しながら、日光に輝いてキラキラと光るダイヤモンドダストが見られる事があります。朝のうちはまだ気温が低いため、ダイヤモンドダストが見られるかもしれません。また、まゆ毛やひげ、前髪に霜がつきますので、気温が低い時間帯はお気を付け下さい。

高気圧は足早に通り過ぎる

きょう(12日)の日本付近は移動性の高気圧に覆われますが、足早に通り過ぎるでしょう。次第に南寄りの湿った空気が流れ込むため、九州や四国、中国地方は昼前後から、近畿は夕方から雲が多くなり、夜は雨の降り出す所がありそうです。東海や関東甲信、北陸も、早い所では昼過ぎから雲が多くなってくるでしょう。こちらは天気の崩れはなさそうですが、日中は空気が乾燥するので、火の元や喉元にはご注意下さい。東北や北海道の太平洋側は大体晴れて、空気が乾くでしょう。東北と北海道の日本海側は雲が多いですが、雪は次第に弱まり、北海道では晴れ間の出てくる所もある見込みです。あす(13日)は、雨の範囲が東へ広がり、ほぼ全国的に雨や雪となりますので、きょうの日差しを有効にお使いください。

日中は真冬並みの寒さの所も

きょう(12日)は、冷たい空気に覆われているため、日中は日差しがあってもあまり気温は上がらない見込みです。旭川は氷点下5度、札幌や釧路は0度、青森は2度で、北海道や東北北部は広く真冬並みの寒さでしょう。仙台は7度、金沢9度、東京や名古屋は10度、大阪12度、広島や高知は13度の予想です。東北南部から四国や中国地方にかけては、年末年始頃の寒さになりそうです。防寒対策はしっかりとしてお出かけください。一方、福岡は16度、鹿児島19度、那覇は25度と、九州や沖縄は11月下旬から中旬並みで、寒さは和らぐ見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい