土日は北で冬の嵐 関東も冷える 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土日は北で冬の嵐 関東も冷える

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

土日は北海道から東北の日本海側は雪や吹雪。関東から九州は晴れても空気は冷たいまま。

日本海側は雪や雨 北は嵐

10日(土)は、低気圧がオホーツク海に抜けて、日本付近は冬型の気圧配置になります。強い寒気が流れ込むでしょう(例えば、札幌のこの時期の上空1500メートルの気温は氷点下10度くらいで、今回は氷点下15度を下回ります)。北海道から東北の日本海側は雪が降り、山沿いを中心に大雪になる可能性もあります。また吹雪いて、見通しが悪くなることがあるなど、荒れた天気になるでしょう。北陸から山陰にかけては雨が主体ですが、北陸の内陸や標高の高い所などでは、雪の降る所がありそうです。予想最高気温は、札幌で氷点下1度と真冬日(※真冬日=最高気温が0度未満の日)。秋田など東北北部の日本海側で3度前後。北陸は7~8度くらいです。一方、太平洋側の各地や山陽、四国、九州の天気は広く晴天となるでしょう。最高気温は、東京は13度、大阪は12度、福岡は14度と、関東から九州で13度前後の所が多く、9日(金)ほど上がりません。しかも北よりの風が強めに吹くため、体で感じる温度は数字より低いでしょう。しっかり着込んで、暖かくしてお出かけください。

さらに寒く

11日(日)も、北海道から東北の日本海側は雪が続き、降り方が強まる時間もあるでしょう。北陸から山陰も雨や雪となりそうです。太平洋側の各地や山陽、四国、九州は広く晴天となるでしょう。つまり、10日と同じような天気分布になります。気温は、10日よりさらに低くなる所が多い予想です。朝は冷えて、例えば東京は最低気温が4度、宇都宮は氷点下1度まで下がります。東海から九州も3度~5度くらいで、霜が降りるくらい(内陸は氷が張るほど)の冷え込みです。日中の最高気温は、札幌で氷点下2度と震える寒さです。北海道内では、ほとんどの地点で真冬日になるでしょう(前日は道内の約半分の地点で真冬日)。仙台は5度、新潟は7度です。東京は11度と、クリスマス頃の寒さでしょう。名古屋と大阪も11度までしか上がらず、昼間も空気は冷え切ったままです。厚手のコートにマフラー、手袋をするなど、寒さ対策を万全にしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい