6日 日本海側を中心に大荒れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 日本海側を中心に大荒れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

6日火曜日は冬型の気圧配置が強まり強い寒気が南下するでしょう。日本海側を中心に風が強まり大荒れの天気となる恐れがあります。

6日朝 日本海側では大気の状態 非常に不安定

5日午後には日本海に低気圧が発生し、前線を伴って6日朝にかけて北日本を通過するでしょう。前線の通過する6日朝は、北陸と東北の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となりそうです。落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうなどに注意が必要です。

6日日中から 北日本で雪と風が強まる

前線や低気圧の通過後、6日の日中からは冬型の気圧配置が強まるでしょう。北海道では風や雪が強まって猛ふぶきとなる所がありそうです。また、発達した雪雲が次々と流れ込み、日本海側を中心に降雪量の多くなる恐れがあります。空のダイヤなど交通機関に影響が予想されますので出張、旅行などでお出かけを予定されている方は、時間に余裕を持って計画しましょう。東北地方の日本海側でも午後は雨が雪に変わる見込みです。風が強まり、ふぶく所があるでしょう。夜は平地でも雪が積もりそうです。また、海上は大しけとなるでしょう。風が強く、東北地方の太平洋側でも雪雲の流れ込む所がありそうです。

6日夜から7日朝 北陸 平地で初雪?

また、平地で雪が降る目安の上空約1500mで氷点下6度以下の寒気は、6日夜には近畿北部、北陸、関東北部まで南下するでしょう。標高の高い地域では雪が積もるでしょう。7日の朝にかけては北陸の平地から初雪の便りがあるかも知れません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい