日本付近は冬型が続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本付近は冬型が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
実況天気図

実況天気図

きょう(29日)も冬型が続きます。強い寒気の影響で、北海道と東北の日本海側は雪やふぶきで、積雪が増えそうです。太平洋側は晴れますが、風が冷たいでしょう。

北海道や東北の日本海側は大雪や吹雪に注意

きょう(29日)も西高東低の気圧配置が続き、降れば雪というような冷たい空気が関東北部まで南下しています。北海道は北部を中心に平年の2倍以上の雪が積もっています。きのう(28日)から今朝にかけても雪が強まり、午前7時までの24時間降雪量は上川地方幌加内で40センチ(午前7時現在の積雪は97センチ)、旭川は32センチ(午前7時現在の積雪は42センチ)、宗谷地方中頓別15センチ(午前7時の積雪は28センチ)、稚内は28センチ(午前7時現在の積雪15センチ)でした。また、季節風が強まり、山形県飛鳥では午前5時すぎに最大瞬間風速25.8メートルを観測しました。
きょう(29日)も、北海道や東北の日本海側は雪が降り、ふぶくでしょう。山沿いを中心に積雪がさらに増えそうです。大雪やふぶきなどによる交通障害に注意して下さい。また、傾斜地では雪崩にも注意が必要です。北陸は雨が降ったり止んだりしますが、北陸や関東甲信の山沿いは雪の降る所があるでしょう。近畿北部から山陰地方も雲が広がり、夕方まで雨の降る所がある見込みです。一方、太平洋側の各地は晴れて空気が乾燥しますが、北海道と東北では雪雲が流れ込み、一時的に雪が舞うことがあるでしょう。九州と沖縄は晴れる見込みです。きょうも全国的に季節風が強めに吹きますが、太平洋側は空気が乾燥しますので、火の元には十分にお気を付け下さい。

北海道や東北は震える寒さに

今朝は東海から九州の所々でこの秋以降一番の冷え込みとなり、佐賀では初霜を観測しました。九州での初霜は今シーズン初めての事です。
日中の最高気温は、札幌2度、青森3度、仙台8度、新潟9度、東京13度、名古屋14度、大阪13度、広島15度、高知17度、福岡16度、鹿児島17度、那覇23度の予想です。北海道と東北、北陸は、きのう(28日)より3度前後低く、12月中旬から下旬並みです。季節風が強いので、実際の気温以上にかなり寒く感じられそうです。関東から近畿も、きのう(28日)より低くなる所が多い見込みで、昼間も空気が冷たく感じられるでしょう。四国や山陽、九州は昨日と同じか高くなり、日差しが暖かく感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい