寒気南下 29日も日本海側は雪や雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒気南下 29日も日本海側は雪や雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
29日(火)と30日(水)の予想天気図

29日(火)と30日(水)の予想天気図

今夜(28日)から寒気が南下。29日も日本海側は雪や雨。北海道や東北では午前中を中心にふぶいて見通しが悪くなる所も。寒気は30日には北上する見込み。

今夜(28日)から寒気南下 29日も日本列島は寒気に覆われたまま

28日(月)は日本付近は冬型の気圧配置になって、全国的に北よりの冷たい風が強く吹きました。大陸からは寒気が流れ込み、北海道から東北の日本海側、北陸から山陰にかけて、雪や雨が降りました。北海道や東北の太平洋側にも一部雪雲や雨雲が流れ込みました。関東から九州は日差しの届いた所が多くなりました。今夜(28日)は北から寒気がさらに南下してくるでしょう。29日(火)にかけて、日本列島は寒気に覆われる見込みです。29日は日本付近は冬型の気圧配置が続くでしょう。29日の朝は全国的に28日よりも冷え込みが強まり、3~4度ほど低くなりそうです。通勤や通学の際は暖かい服装でお出かけください。北海道から東北の日本海側、北陸は雪や雨が降りやすいでしょう。北海道や東北の日本海側では午前中を中心にふぶいて見通しの悪くなる所もある見込みです。ふぶきの中での車の運転は自分の存在を知らせるためにライトをつけましょう。車間距離を十分にとって、運転を心がけてください。関東北部の山沿いも雪になりそうです。関東から九州の太平洋側は青空の広がる所が多くなりますが、晴れても風が冷たいでしょう。

30日は寒気が北上 北海道や東北の雪や雨もやんでくる

30日(水)は寒気が北上し、日本付近は移動性の高気圧に覆われますが、高気圧は「駆け足」です。足早に日本の東へ移動するでしょう。日中は晴れる所が多く、北海道や東北の日本海側の雪や雨も午後にはやんでくる見込みですが、天気は西から下り坂に向かいます。九州や中国、四国には湿った空気が流れ込んでくるため、夜には雨の降り出す所がある見込みです。雨が降る範囲は、1日(木)は関東や東北に移るでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい