九州 暖かな「小雪」

tenki.jp


きょうは暦の「小雪」

きょうは二十四節気の暦の一つ、「小雪(しょうせつ)」です。雪が舞い始めるような寒さが訪れる頃という意味です。
九州の初雪はもうしばらく先ですが、あすから冬の訪れを感じるような急な寒さとなりそうです。

きょうの九州は暖かな「小雪」

きょうの九州は午前中、穏やかに晴れ、最高気温は福岡市は21.4度、熊本市は22.5度、鹿児島市は24.4度でした。
平年より5度前後も高く、10月下旬並みの暖かさでした。
ただ、今夜、気圧の谷が通過した後は冬型気圧配置となってあす以降はこの時期としては強い寒気が流れ込む見込みです。
暖かな「小雪」に油断せず、冬への準備を進めてください。

24日は高い山で雪が舞う可能性も

24日~25日にかけて九州北部の上空1500m付近で0度前後とこの時期としてはかなり強い寒気が流れ込む見込みです。このため、九州北部は北風と一緒に雨雲が流れ込み、しぐれるでしょう。
標高1000mを超えるような高い山では雪が舞う可能性もあります。
これまでの暖かな陽気から一転してこの先は冬の訪れを感じるような寒い日が多くなる見込みです。
防寒具や暖房器具を用意するなど寒さへの準備を進めてください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック