月曜日 西から雨雲 夜は関東も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

月曜日 西から雨雲 夜は関東も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

月曜日(21日)は、天気が西から下り坂。九州は昼頃には広く雨で、雨雲は東へ。夕方には関東も雨に。

前線が延びてくる

21日(月)午前9時の予想天気図を見ると、前線が中国大陸から東シナ海を通り、日本の南の海上まで延びています。これがゆっくり東へ進みます。沖縄は雨の一日。前線に向かって暖かく湿った空気が流れこみ、大気の状態が不安定になるでしょう。雷が鳴ったり、雨が激しく降ることもありそうです。落雷や突風、急に強まる雨にご注意ください。九州南部は、朝の内から雨が降ります。日中は局地的に発達した雨雲がかかるでしょう。九州北部や四国、中国地方も昼前後からは、雨の範囲が広がってきます。近畿や東海は晴れるのは朝まで。だんだん雲が厚くなって、夕方から雨でしょう。九州から東海の予想最高気温は18度前後ですので、曇りや雨でも、そこまで寒いという感じではないと思います。関東は曇り空で、南部は午後3時前後から雨が降りそうです。夜は北部も雨になるでしょう。なお、夜までに前線上に低気圧が発生し、東へ進みます。関東は22日(火)の朝の通勤や通学の時間帯は、雨の降り方が強まるでしょう。昼前まで雨は続きそうです。

寒気流入

20日(日)午後、寒冷前線が北海道を通過したあと、寒気が流れ込んでいます。札幌の気温は、午前5時が11度2分⇒午後1時が6度4分です。寒気の影響で、21日(月)は北海道は日本海側で昼過ぎまで雪が降ったりやんだりするでしょう。札幌は最高気温が3度の予想です。青森や秋田など、東北北部の日本海側も雲が広がりやすくなります。一方、北海道から東北の太平洋側と北陸は大体晴れそうです。ただ、日中の気温は、20日ほどは上がらず、予想最高気温は仙台で13度、新潟で14度です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい