15日(火) 七五三の天気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日(火) 七五三の天気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

七五三の15日(火)は、南北2つの低気圧が日本列島をはさむように通過するでしょう。北海道は大気の状態が非常に不安定で荒れた天気になりそうです。ただ、本州の太平洋側では天気の回復が早い見込みです。

北海道 荒れた七五三に

15日(火)は大荒れの天気となりそうです。日本海側北部の陸上では、14日夜遅くから15日明け方は暴風に警戒が必要です。また、寒冷前線の通過する昼過ぎにかけては大気の状態が非常に不安定になるでしょう。竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうなどの恐れがありますので「雨雲の動き」などを活用して早めの安全の確保に努めてください。
低気圧に向かって南から暖かい空気が入るため、降るものは15日午前中は雪よりも雨に分がありそうです。あすの夕方までの24時間雨量は多い所(日本海側北部中心)50ミリの予想で大雨に注意が必要です。ただ、午後は気温が下がって北部や山沿いから雪に変わるでしょう。16日にかけては降雪量の多くなる所がありそうです

東北 日本海側を中心に落雷、突風に注意

14日夜は日本海側でスーパームーンが見られていますが、天気は下り坂になるでしょう。
日本海側では、15日明け方から昼ごろまで、急な強い雨、落雷、竜巻などの激しい突風の恐れがあります。前線の通過後は寒気が流れ込んでしぐれそうです。夜は山沿いで雪に変わる所があるでしょう。太平洋側では北部で昼ごろ、南部では明け方頃にかけて雨の降るタイミングがありそうですが、雨量は多くならないでしょう。日中は天気が回復し晴れてくる見込みです。ただ、西よりの風が強まりますので交通機関などの影響にご注意ください。

北陸 大気の状態が非常に不安定

寒冷前線が南下する14日夜遅くから15日昼前は大気の状態が非常に不安定となるでしょう。前線周辺では、落雷、竜巻などの激しい突風に注意してください。なお、前線の通過後は次第に冬型の気圧配置に変わり寒気が流れ込んできそうです。晴れ間はありますが変わりやすい天気になるでしょう。しぐれる所もありそうです。夜は高い山で雪に変わる所があるでしょう。また、海上を中心に風が強まり、波が高くなりそうです。

関東甲信 東海以西 天気は急速に回復

関東甲信
中川予報士の記事も参考になさってください。15日明け方にかけては沿岸部で雨脚がやや強まる所があるでしょう。ただ、雨は北部で未明まで、南部は遅い所でも朝までの予想で、日中は天気が回復し晴れ間が広がってきそうです。傘の置き忘れにご注意ください。最高気温は20度前後まで上がる所が多いでしょう。ただ、午後は風が強まり、夕方以降気温は急速に下がってきそうです。一日の気温の変化が大きくなるでしょう。
東海以西
15日明け方まで広く雨が降り、雷を伴って雨脚の強まる所があるでしょう。日中は急速に天気が回復して晴れてきそうです。ただ、西よりの風が強まってくるでしょう。最高気温は14日より高くなる所が多い見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい