小春日和 紅葉狩りや七五三には絶好 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小春日和 紅葉狩りや七五三には絶好

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
予想天気図

予想天気図

きょうは東北南部から四国や中国地方にかけては、移動性高気圧に覆われて、穏やかに晴れるでしょう。昼間は日差しが心地よく、絶好の行楽日和になりそうです。紅葉狩りや七五三のお参りにも良いでしょう。

東北南部から西は 暖かな行楽日和

きょうは東北南部から四国や中国地方にかけては、高気圧に覆われて、穏やかに晴れる所が多くなるでしょう。日中の気温は20度前後まで上がり、10月中旬から下旬並みの陽気になる見込みです。 今年の11月の上旬は、例年になく強い寒気が南下したため、冬のような寒さが続きました。冬物のコートを着ていた人も多いここ数日ですが、きのうに続き、きょうも日差しが暖かく、昼間は上着なしでも過ごせそうです。紅葉狩りや七五三のお参りには絶好でしょう。ただ、九州には西から気圧の谷が近づく見込みです。朝は晴れますが、次第に雲が多くなり、夜は雨の降り出す所が多いでしょう。沖縄は一日晴天が続く見込みです。

小春日和 豆知識

ちなみに小春日和とは、晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな日和をいいます。小春とは旧暦10月の異称で、新暦の11月から12月初めごろにあたります。移動性高気圧に覆われたり、弱い西高東低の気圧配置になったりすると、小春日和になります。外国にも、秋から初冬にかけて小春日和のような穏やかな日があり、アメリカでは「インディアンサマー」、ドイツでは「老婦人の夏」、ロシアでは「女の夏」、中国では「小陽春」と呼ぶそうです。

北海道と東北北部は雨や雷雨

北海道と東北北部は、気圧の谷が通過し、大気の状態が不安定になります。広く雨となり、雷を伴う所があるでしょう。一時的に強く降ったり、落雷や突風の恐れがありますのでご注意下さい。北海道の内陸では雪の所もあるでしょう。日中の最高気温は、きのうと同じか、高くなる所多い見込みです。札幌は10度で平年並み、青森は16度で、10月下旬並みの予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい