早い冬将軍 7年ぶりの強い寒気南下 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

早い冬将軍 7年ぶりの強い寒気南下

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

9日(水)は11月上旬としては7年ぶりに強い寒気が南下。早い冬将軍の到来となりそうです。

9日(水) 寒気 本州まで南下

8日(火)は発達する低気圧が北日本付近へ進むでしょう。広く天気が崩れ、北海道を中心に風も強まって荒れた天気となる見込みです。この雨の後は、強い寒気が流れ込むでしょう。今年はこれまでに北海道付近には度々強い寒気が流れ込みましたが、今度は本州にまで広く寒気が南下しそうです。上空1500メートル付近に0度という山で降れば雪となるような寒気が本州付近を覆うでしょう。北陸付近まで氷点下6度と平地でも降れば雪となるような寒気が南下してくる見込みです。輪島の上空では氷点下8度近い、11月上旬としては7年ぶりの強い寒気が予想されています。

北は冬の嵐 太平洋側も北風冷たい

9日(水)は冬型の気圧配置が強まり、北日本は冬の嵐になるでしょう。北海道は雪を伴った非常に強い風が吹き、猛吹雪となる恐れがあります。交通機関への影響に警戒が必要です。東北の日本海側や北陸の平地でも雪が降り、積もる所もあるでしょう。山沿いでは大雪となる恐れがあります。例年より早い冬将軍の到来ですので、車は早めに冬の装備をなさった方が良さそうです。
太平洋側は9日(水)は晴れますが、日中も気温の上がり方は鈍く、北風が冷たいでしょう。10日(木)の朝は冷え込みが強まり、関東から近畿、中国地方でも最低気温が5度くらいまで下がる見込みです。急に本格的な冬の寒さに見舞われそうです。風邪をひかないよう、厚手の上着の準備を。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい