北海道 最も寒い11月のスタート 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 最も寒い11月のスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

記録的に寒かった10月が終わり、11月に入ってもまだ寒さが続く北海道。
今日(2日)午後7時までの最高気温は、北海道で最も高い渡島地方の松前で9.2℃と、昨日に続き2日連続で1地点も10度以上になりませんでした。11月のスタートがここまで寒かったことはかつてなかったことです。

アメダス整備以降で初めて

北海道内で最も気温が高くなったのは、今日は午後7時までで松前の9.2℃、昨日(1日)は胆振地方の室蘭で6.1℃と、ともに一桁にとどまりました。北海道には気温の観測地点が全部で173地点ありますが、その全地点が10度に届かなかったのです。
北海道は寒いというイメージもあると思いますが、今日11月2日の平年の最高気温は、札幌で12.4℃など、12度前後の所が多く、ほとんどの地点が10度を超えるのがまだ当たり前の時期です。いくら北海道といっても、今の時期はここまで寒くはありません。
北海道内にアメダス観測網が整備されたのは1978年ですが、そこからの40年近くの間、11月の1日・2日ともに10度以上の地点が出なかったことは一度もなく、史上最も寒い11月のスタートとなりました。

寒さは週末も続く

平年より大幅に低い気温は、週末にかけても続く見込みで、この先の予報を見てもほとんどの地点がもうしばらく一桁の最高気温にとどまる見込みです。
また、11月も中旬となれば平年でも最高気温が一桁という地点が増えていきます。今年はいつもよりも寒さを感じる時期が長くなってしまうかもしれません。体調管理には十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい