北海道 ハロウィーンに冬将軍襲来 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 ハロウィーンに冬将軍襲来

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
旭川(31日7時半頃) STV(札幌テレビ放送)提供

旭川(31日7時半頃) STV(札幌テレビ放送)提供

今朝(31日)の道内は、低気圧や前線の影響で、道北を中心に雪が降り、旭川などの内陸では一面真っ白の雪景色となりました。旭川では今日(31日)正午までに7センチの雪が降り、10月に降った雪の量が26センチに達しました。旭川で10月に20センチ以上の雪が降るのは、1983年以来33年ぶりのことです。

その他の道北もまとまった雪に

道内は、昨夜(30日)日付が変わる頃から上川や空知地方などで雪が降り始め、道北を中心に雪の量が多くなりました。今日(31日)正午までの12時間降雪量は、音威子府で22センチと1983年の統計開始以来、10月としては最も多くなりました。また、幌加内町朱鞠内では正午までの12時間降雪量が24センチに達し、10月に1日で20センチ以上の雪が降るのは2004年以来、12年ぶりなど、10月にこれだけ雪が降るのは、北海道でもめずらしいことです。
今日これからは、雪の降り方は次第に弱まり、夜には道北の雪も広くやむ見込みです。ただ、平地でも積雪状態となっている所があります。雪の降り始めで、雪道運転に慣れていない時期ですので、車を運転される方は積雪や凍結など路面状況の変化に十分注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい