3連休は台風16号の動きに要注意

tenki.jp#台風
日本気象協会は、日本へ接近する可能性がある台風16号に関する情報を発表。17日は沖縄の八重山地方で大荒れの天気、20日以降は西~東日本に接近する可能性も。

このあとも発達する台風16号

“強い”勢力の台風16号は、16日(金)9時には中心気圧950hPaで、石垣島の南の海上を北上しています。台風は17日(土)に、“非常に強い”勢力となって八重山地方(与那国島や石垣島付近)を通過する見込みで、この地域では大荒れの天気となるでしょう。大雨や暴風、高波、高潮に警戒が必要で、特に“屋外での行動がきわめて危険”な暴風が予想されますので、厳重な警戒が必要です。

次第に西日本や東日本に近づく可能性

八重山地方を北上したあとは、次第に進路を東寄りに変え、3連休明けの20日(火)以降に、強い勢力を保ったまま西日本(九州~近畿)や東日本(東海・北陸・関東甲信)に接近する可能性があります。台風が接近する地域では、激しい雨や強風に注意が必要です。台風接近時は、不要不急の外出は控えるようにしてください。海岸付近では、太平洋側を中心に台風からのうねりによる高波や、高潮が予想されるため、波浪関係の注意報・警報が発表された場合は海岸付近には近づかないでください。

台風が近づく前から大雨も

また、秋雨前線が本州付近に停滞すると、前線に向かって台風から暖かく湿った空気が次々に流れ込み、前線の活動が活発になります。そのため、台風接近前から大雨となる可能性があるのです。台風から離れた地域でも最新の気象情報にご注意ください。なお、今回の台風は進路予想が定まらず、予想が今後大きく変わる可能性があります。台風の速度が急に速まったり、それまでとは違う進路予想に変わったりすることもありますので、日々の気象情報に十分注意してください。また、台風の接近に備え、避難グッズ・備蓄品の準備や避難場所・避難時の連絡方法の家族間での確認など、事前の防災対策をお願いします。

各地域の天候のポイント

沖縄・奄美(南西諸島)
・八重山地方(与那国島、石垣島など)では、
17日(土)に台風が接近・通過し、大荒れの天気となる見込み。
・特に、 “屋外での行動がきわめて危険”な暴風が予想されるため、厳重な警戒が必要。
九州~関東(西・東日本)
・20日(火)以降に台風接近の可能性があり、
台風の進路にあたる地域では、大雨・暴風・高波に警戒が必要。
・台風の予想進路が今後大きく変わる可能性があるため、日々の気象情報を要確認。
・秋雨前線が停滞する場合は、台風から離れていても大雨の可能性があるため、注意が必要。
東北・北海道(北日本)
・台風の進路によっては、21日(水)以降に大雨や強風となる可能性。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック