台風15号「ライ」発生 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風15号「ライ」発生

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
台風15号「ライ」

台風15号「ライ」

13日午前3時、南シナ海で台風15号「ライ」が発生しました。「ライ」とは、ミクロネシアの言葉で「石の貨幣」を意味します。

台風15号の勢力と速度は?

台風15号「ライ」は、13日午前3時現在、南シナ海にあって中心気圧が996hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速は18メートル(秒速)、西北西へ時速20kmで進んでいます。

豆知識 台風の予報円とは

台風の予報では、3日(72時間)先までの台風の中心位置などを「予報円」として示しています。
例えば台風の中心位置の場合、予報した時刻に、この円内に入る確率は70%です。つまり、予報円は台風が進む可能性の高いコースを示しますが、必ずしもこの円内だけ、あるいは円を結ぶ線の内側だけを進むわけではありませんので、最新の台風情報で確認されることをお勧めします。
※台風予報は、5日(96時間)先までを示すこともあります。

今も残る 石の貨幣

台風の呼び名として「ライ」という言葉を用意したミクロネシアは、4つの州、607の島と環礁からなる連邦国家。地球儀での場所は、フィリピンの東、東京からは南へ約3000kmの太平洋上です。その中のヤップ島では、今も「石の貨幣」ストーンマネーが、主に儀礼用として存在しているそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい