元台風の低気圧 東北や北海道へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元台風の低気圧 東北や北海道へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

今日(8日)午前3時、台風13号は東海沖で温帯低気圧に変わりましたが、油断はできません。暖かく湿った空気が本州付近に流れ込んでいて、大気の状態は非常に不安定です。このあとも空模様の変化に注意が必要です。

現在の雨の状況は?

正午現在、活発な雨雲は東海、北陸を中心にかかっています。
正午までの1時間に20ミリ以上の土砂降りの雨が所々で観測されています。
また、関東でも局地的に雨雲が発達しています。

台風13号から変わった温帯低気圧 東北や北海道へ

台風13号から変わった温帯低気圧は今日の午後、関東の沿岸を通って、東北沖へ進む見込みです。
低気圧が持ち込んだ暖かく湿った空気の影響に加え、上空を気圧の谷が通過しているため、大気の状態が非常に不安定となっています。
東海は今日昼過ぎにかけて、関東甲信は夕方にかけて、非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
大雨による土砂災害に厳重に警戒し、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
台風10号の被害があった東北は午後から広い範囲に雨雲がかかるでしょう。
今夜午後6時頃から明日(9日)午前3時頃にかけて、とくに太平洋側では、1時間に60ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
※非常に激しい雨とは、マンホールから水が噴き出したり、土石流が起こったりするほどです。
東北で明日9日12時までに予想される24時間雨量はいずれも多い所で、太平洋側130ミリ、日本海側100ミリです。
がけ崩れや山崩れ、低い土地の浸水などのおそれがあります。引き続き土砂災害に警戒をしてください。
北海道も今夜から明日(9日)にかけて激しい雨が降るでしょう。
北海道で9日12時までに予想される24時間雨量は太平洋側東部120ミリ、日本海側、太平洋側西部100ミリ、オホーツク海側80ミリです。そして明日(9日)12時以降もさらに雨量が増えるおそれがあります。
これまでの台風や前線による大雨で被災した地域では地盤の緩んでいる所や川の水が増している所があります。
土砂災害や洪水の危険性が再び高まる可能性が考えられます。
気象情報をこまめに確認して、今後の雨に十分ご注意下さい。
また、東北や北海道では、風が強まり、海上では波が高くなります。
暴風や高波、高潮にも警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい