関東 青空でも傘を 大気の状態不安定 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 青空でも傘を 大気の状態不安定

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#台風
         

         

          

          

今朝7時半の東京都心は青空。ですが、台風13号から変わった低気圧や湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定。関東各地、昼前後を中心に、急に降る強い雨に注意。局地的には道路が川のようになるほど非常に激しく降る見込み。

雨雲の発達しやすいエリア 西から迫る

今朝の関東、雨が降っているのはごく一部。東京都心を含め、晴れている所も。「傘なしでもいいんじゃない??」とお思いの方、多いのではないでしょうか。ただ、上空の雲の流れは非常に早くなっています。レーダーの画像にある通り、台風13号から変わった低気圧の雨雲が静岡県付近から関東の南の海上に点在しています。さらに、近畿地方にも、別の気圧の谷や湿った空気に伴う雨雲が見られ、足早に東へ進んでいます。(黄色や赤の雨雲ほど発達していて、激しい雨を降らせる恐れがあります。)いま青空が出ている所でも、傘は必要です。急に天気が一転して、強い雨が降りだす可能性があります。局地的には、道路が川のようになったり、アンダーパスなど低い所を通る道路が冠水するほどの、非常に激しい雨が降る見込みです。
特に、昨日から今日未明にかけて大雨となった栃木県や群馬県では、地盤の緩んでいる所や増水している川もあります。今後の雨で、土砂災害や川の氾濫が発生する危険性もありますので、気象台や自治体からの情報に引き続きご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい