6日 北海道や東北 再び大雨に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 北海道や東北 再び大雨に警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

6日(火)は、暖かく湿った空気をもった熱帯低気圧や、日本海北部から接近する低気圧の影響で、北日本で再び大雨となる恐れがあります。大雨の直後ですが、再び激しい雨が降るところがあり、厳重な警戒が必要です。

北海道や東北で大雨の恐れ

6日(火)は、暖かく湿った空気をもった熱帯低気圧や、日本海北部から接近する低気圧の影響で、北日本で再び大雨となる恐れがあります。雨が激しく降る時間帯は、北海道では6日(火)の未明から夜にかけて、東北は朝から夕方にかけてとなるでしょう。局地的に1時間に40ミリの激しい雨が降る恐れがあります。北海道や東北では、大雨の直後で、地盤が緩んでいる所や増水している河川があります。今回は、長く降り続くものではなさそうですが、短い時間でも激しい雨が降りますと、土砂災害や洪水の危険性が高まります。特に、被災を受けた地域で、緊急復旧工事を行っている箇所では、洪水警報の発表を継続している状態です。(5日午後6時:十勝中部に位置する帯広市、音更町、幕別町、十勝南部に位置する中札内村に洪水警報発表中)屋外で作業される方は、二次災害の危険がありますので、厳重に警戒してください。また、発達した積乱雲の下では、雷や竜巻、ひょうなどの恐れもあります。急に冷たい風が吹いてきたり、雷のなる音が聞こえたら、早めに作業を中断して、頑丈な建物へ避難するように心掛けてください。

全国的に大気の状態が不安定

6日(火)は、九州北部は晴れますが、九州南部は次第に雲が増えて夕方から雨でしょう。雷を伴って非常に激しい雨が降る所があります。中国、四国地方は明け方にかけて、急な強い雨や落雷、突風などの恐れがありますが、その後は晴れ間が出そうです。近畿は、未明から昼前にかけて局地的に雨や雷雨となり、滝のような雨が降ることもあるでしょう。東海や北陸は、断続的に雨が降り、やはり降れば一気に道路が川になるほどの激しい雨の恐れがあり、注意が必要です。関東甲信は、午後から局地的に雨雲が発達するでしょう。特に関東北部の山沿いでは天気は変わりやすく、激しい雨や落雷、突風などに注意が必要です。
また、5日(月)に続き、特に関東で残暑が厳しいでしょう。東京都心は、最低気温が25度で熱帯夜になるかもしれません。最高気温は33度の予想で、5日(月)と同じぐらいまで上がりそうです。暑さで体調を崩さないようにご注意ください。その他の地域も東海から西は軒並み30度を超えて、大阪でも34度くらいの予想です。広島は5日(月)より6度高い32度でしょう。一方、雨が予想される東北や北海道は5日(月)よりも低く、秋田は7度低い27度くらいの予想で、うだるような暑さは少しおさまりそうです。

新たに台風の卵 「熱帯低気圧」発生の恐れ

気象衛星の雲の画像に目を向けますと、台湾の東海上には白くまとまった雲が見られます。新たに沖縄の南には、台風の卵となる、熱帯低気圧が発生する恐れがあります。この付近の海域では海水温が高くなっていて、台風が発生しやすい状況です。台風12号に続き、日本に近い場所で熱帯低気圧が発生し、台風に発達する恐れがあり、今後の情報に注意が必要です。
今年8月以降は、日本列島に続々と台風が襲来しましたが、まだ台風シーズンは続いています。例年10月中旬頃までは台風情報に気をつけていただく必要があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい