福岡 台風一過の青空 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

福岡 台風一過の青空

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
気象衛星画像へ

気象衛星画像へ

台風12号から変わった熱帯低気圧が北東へ遠ざかるにつれ、福岡市内ではきょう(5日)昼ごろから青空が広がってきました。空を見上げると、ハケでさっと描いたような、きれいな筋雲が浮かんでいました。秋を代表する雲、巻雲です。

少しだけ秋の気配

筋雲は、正式には巻雲(けんうん)といいます。雲の仲間では一番高い場所、およそ5000㍍から13000㍍に浮かび、小さい氷の粒が集まってできています。巻雲は秋を代表する雲のひとつ。福岡市のきょうの最高気温は30.9度と大変蒸し暑い一日でしたが、空を見上げて、少しだけ秋のさわやかな気配を感じることができました。

新たな熱帯低気圧発生の見込み あさって7日(水)は大雨に注意!

現在、沖縄の南の海上で対流活動が活発化しており、今夜(5日夜)には先島諸島の南で新たに熱帯低気圧が発生する見込みです。この熱帯低気圧、あさって(7日)には九州の南の海上へ近づいてくる恐れがあり、九州付近へ延びる前線を刺激して、九州南部を中心に大雨となる恐れがあります。沖縄近海の海面水温が大変高いため、熱帯低気圧は発生後、急速に発達する恐れもあり、今後の状況に十分な注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい